五藤氏説明イメージ背景

第361話:コンサルタントが知っておくべき、本物と偽物の絶対的な境界線

最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、10月(大阪)受付中。絶賛70回以上の開催。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内
最新刊『あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、これからコンサルタントとしてやっていくにあたり、重要視すべきこととかありますか?」── 昨年、セミナーに参加された後、グループコンサルティングにお越しになられた方からのご質問の言葉です。

当社は、コンサルティング業専門のアドバイザリー機関です。このため、「コンサルタントとして大いに活躍したい!」という方々ばかりが大勢お越しになる、ちょっと変わったスポットとなっています。

先日も、「これまで、プロのコンサルタントという人にお会いしたことが無かったので、自分の中に具体的なイメージがわかなくて…」と話された方がいましたが、「ここでは、周囲をご覧いただければ、プロのコンサルタントの人ばかりですよ…」と笑い話になったことがあります。

街中や通常の仕事、生活では、なかなか出会わない人も、その専門分野の人が集まる本物の場所があります。大いに活躍されている方や頑張っている方、タイプが違う方、ユニークな方、斬新な方法を試みている方…など、触れ合うことで大いに切磋琢磨になる利点があります。

ただし、似たような仕事の人が集まっているから利点や効果がある…のかと言えば、世の中そんなに単純ではありません。場合によっては効果どころか、逆にマイナス効果になる場合があるので注意が必要です。

注意すべき点は実に単純です。「似たような」と「似て非なる」は、まるで違うということです。どれだけ似ているように見えても、ビジネスのモデル、本質が違えば、それはまったく別の仕事であり、これに気付かず、うっかり参考や真似たりすると、大きなマイナスになる場合が少なくありません。まったく違うモデルだからです。

当社では、口酸っぱくなるほど、「似て非なる仕事は、どれだけ似ているように見えても全然違う仕事ですよ、注意してください」と再三申し上げています。コンサルタント業と、表面的に似ている仕事でも、本質が全然違う仕事の人とを一緒くたにして、「先生業は、こうすればいい…」的に考えれば、大きなしっぺ返しを喰らうことになります。

士業も講演業も、研修ビジネスもセミナー講師も、そしてコンサルタント業も、みんな「先生」と呼ばれて傍から見れば似たような仕事に見えるかもしれません。しかし、ビジネスの本質、そして何より収益をあげる方法、モデルはまるで違います。

表面だけを見て同じに扱って真似すれば、「生きていく営業方法が違う」ために、大変なマイナスが起きるのです。冒頭の方の、これまでプロのコンサルタントとお会いしたことがなくて…というのは、ある意味本質をついていて、違いがわかっていたからこその言葉でもあるわけです。ハッキリいって巷には滅多にいないからです。

では本物かどうか…は、どうやって判断すればいいのか…。玉石混交と言えば何ですが、似て非なる仕事の人と混ざってしまえば、困るのは自分だからです。

実は、判断方法は実にシンプルです。プロフェッショナルかどうか…は、お客様が認めているかどうか、ただこの一点で決まるということです。御幣を恐れずに言えば、どれだけプロとしての認定を受けていたり、難しい試験をパスしていたとしても、お客様が認めていない限り、それは単なるペーパー上の肩書にしか過ぎません。

当たり前ですよね、何も難しいことは言っていません。どれだけ証書的に認められていても、お客様がおらず、支持もされていないのであれば、それはまさにカタチだけ…ということです。免許持っていても運転したことがないペーパードライバーと言っても差し支えないでしょう。そしてもう一点重要なポイントがあります。

お客様とは、あなたにお金を払ってくれる人です。コンサルタントの場合、当然それは指導先と同一になります。もしこれが違っていたり、間接的だったりすれば、それはコンサルタントと似ていても、まさに、「似て非なる仕事」ということです。

お客様、お金のもらい方が違えば、収益モデルが違うことを意味しています。当然、営業方法も違います。これを無視すれば一体どうなるのか…ということです。

何事でもそうですが、プロフェッショナルとして本当に立ちたいと考えるなら、本物のプロが集まっているかどうか、見本になるような仲間がいるかどうか…は、極めて重要です。

難しく考えるまでもなく、似て非なる…に学べば、どんどん違った方向に突き進んでいってしまうからです。あなたが描いていた夢とは、全然違う方向に行ってしまうだけです。

実際、ずいぶんと回り道をしてしまった…と苦笑いしながらお越しになる方も、少なからずいらっしゃいます。表面的なことや、値段、孤独感…などから、ついつい違う道を歩いてしまっていた…とのことで、もったいない…ことですが、それでも気づかれたのは、まさに不幸中の幸いといえるでしょう。

あなたが、本当にプロフェッショナルの道を歩みたいと考えるなら、絶対に必要なことは、「プロのものを選択する」ということです。プロはプロの道具を使い、プロの思考回路を身につけ、プロの仕事をします。当然、素人向けは論外ですし、他の用途のものを間違って使うことなどありえないのです。

人は面白いもので、「口ではわかっている…」と言っていても、実際の選択、行動が違ったとしたら、それはまさに「二流思考の如実な現れ」ということです。

あなたは、プロフェッショナルの道を選択し、本気で歩んでいますか?
 本気のあなたを、本気でお手伝いします!

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。



●好評セミナー開催中!

 開催実績70回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照

 


●最新刊 大好評発売中!

 あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法
自分が培ってきた知識や経験、ノウハウ…を最大限活かして、年収3千万円以上の売れるコンサルタントになって活躍する具体策を公開した注目の書。
 詳細→ こちらを参照