五藤氏説明イメージ背景

第365話:コンサルタントが絶対にやっておくべき、商売における勝負の計算

最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月、9月(東京)、10月(大阪)受付中。絶賛70回以上の開催。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内
最新刊『あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、事務所を出すことを考えているんですが、何か基準とか考え方とかありますか?」── コンサルタント起業をされて、順調にビジネスを拡大させていっている方からのご質問の言葉です。

何でも、クライアント先もかなり増えてきて、売上利益もしっかり上がるようになってきたので、念願だった事務所を都内に出すことを考え始めていて…とのこと。

事務所に関しては、これは結構考え方が別れることが多く、「いや、自分は事務所を出すつもりは…」と否定的な方も少なくない一方、「私は、独立してすぐに事務所を出しましたね」とか「もう少し売上が上がれば、ぜひ事務所をだしたくて…」といった肯定派も結構います。

コンサルタント業として考えるとき、事務所が必要かどうか…ということについては、これは「必ずしも必要ではない」とお答えしています。

もっぱら、クライアント先に伺って指導するスタイルでやっているコンサルタントであれば、実際問題、事務所はほとんど使わない訳で、売れて忙しくなればなるほど事務所には行かず、ほとんど荷物置き場? のようになってしまうことに…。

では、やっぱり事務所は要らない…かと言えば、「凄く忙しくなってきたから、クライアントさんに来てもらえる方式にしてみて…」とスタイルを変えるとしたら、これは当然、事務所がなければコンサルティングを実施することはできません。

また、グループコンサルティング型を定期的に開催していくことを考えるなら、これまた事務所的なものがないと、毎回場所が変ったり、荷物をどっさり運んだりしなければならず、運営に苦労したり、クライアントさんにご迷惑をかけてしまうことも考えられます。

ビジネスとは不思議なもので、「この商売は、こうするものだ」という固定概念が、まさに商売を窮屈にさせてしまう面があり、発想を変えたり、そもそも違う新しいスタイルに変えるとしたら、その制約が取り払われて、非常に有利な商売を展開できるようになる可能性が高まることです。

変えるとなぜ有利になるのか…。理由は単純です。「多くの人が気づいていなかったり、考えもしないからであり、もっと言えば、真面目に計算して考えてみるということを通して、ビジネスが研ぎ澄まされるから…」です。

面白いのは、コストを下げることの取り組みが、必ずしもビジネスを有利にするとは限らない…という点です。コストをかけることで全体では大きなプラスを「生み出せるかもしれない」ことはたくさんあります。

事務所で言えば、出すことは明らかにコスト増ですが、これをビジネス的に有利に使える状態で使うのであれば、当然、大きな売上利益増、さらには自分の時間の増大という大きなメリットも手に入れることができたりします。

これらは当然、実施前の段階では「こうなるハズ」として想像するしかありません。このとき、この商売はこうやるもの…という「延長線上の計算」であれば誰でも計算できるでしょう。ただし、このときは、「売上がこれだけあがってきたら…」「借金できたら」といった条件による計算になります。

一方で、「未知への取り組みによる未来の計算」となれば、これは別の計算が必要になってきます。どれだけ計算しようにも、延長線上になる基点もなく、未来のことだけに、そのとおりになる保証はどこにもないからです。

だからこそ、「なんちゃって計算」ですまそうとする人が多いのですが、このとき、確率を上げることができるのは、「壁を飛び越える、ビジネスの創造」ができるかどうか…という観点です。

さらに、ビジネスを本気でつくることを考えるなら、ここは「自分の未来の商売にとって何が必要なのか」「どこまで勝負するか」「それは売上利益の何割までの範囲にするのか」…といった勝負の計算を真っ当に考えることが重要になります。

不思議なもので、こうした未来へのビジネスの計算を一度でも、真剣に計算していると、基本ベースがしっかり頭に叩き込まれ、ビジネスの全体像や大きな概念の把握ができるようになります。当然、クライアント先への指導に生きてくることになります。

プライベートのことなら好きにすればいいですが、ビジネスにおいて、何でもかんでも「コスパが第一!」だけで考えていると、思考回路が委縮していってしまう危険性を知っていなければなりません。大きなプラスを生む発想を必要としないからです。そして、未来の数ランク上のクライアントと出会うことができなくなってしまうかもしれません。実にもったいないことです。

無駄に豪華にすることをお薦めするつもりは毛頭ありませんが、伸びている企業が総じて事務所一つでも転々と変えていくのは、単に手狭になったからだけが理由ではありません。自分たちがやろうとするビジネス、必要になる器や仕組み合わせて、まるでヤドカリがごとく、変えていっているのです。

あなたのビジネスを大きく飛躍させるために、どんな手法が考えられますか、そのため必要なものは何ですか? それへの投資、そして考えはしっかり時間をとって行っていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。



●好評セミナー開催中!

 開催実績60回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照

 


●最新刊 発売開始!

 あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法
自分が培ってきた知識や経験、ノウハウ…を最大限活かして、年収3千万円以上の売れるコンサルタントになって活躍する具体策を公開した注目の書。
 詳細→ こちらを参照