がんばれコンサルタント! 第142話:コンサルタント業を成功させていくための投資

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

20150317C_05

「実は昨年度、ゴトウさんのところに行ってから、収入が1千万円増えたんですよ!」── 先般、あるメンバーの集まりで一杯やっていた時に、「コンサルタントとしての投資」という話になったときにお聞きした言葉です。

何でも、これまで独立してから主だった投資はしてこなかったけれど、初めて「コレだ!」と感じた「コンサルティングの体系化」に対して、お金を払ってコンサルティングを受けて実践してみたら、驚くことに年収が1千万円アップした! というのです。

営業系のコンサルティングで実力を発揮している方なのですが、弊社としても「コンサルティングを受けて翌年大きく年収アップした!」と聞けば、効果が大きく出たということですから本当に嬉しいことです。

誰でも収入が大きく増えれば嬉しいものですから、「良かったですね~」と笑顔で酒を酌み交わしていましたら、「いや、でも自分は“投資”ということが、まだ全然分かっていませんでしたから、ますます反省しきりです!」と笑顔で話されるのです。

いわく、「クライアントの経営者には、“販売促進の経費を投資として行っていかなければ、売れるモノも売れなくなりますよ”と、いつも言っているのに、自分は自分のビジネスに対して、投資ができていなかったことを思い知った」というのです。

よく物の本には、「自分への投資」という言葉を目にします。本来的な意味で言えば、自らの能力を高めるための投資ということで、これはとても重要なことに違いありません。

しかし、「自分への投資」とは、文字通り、「あくまでも自分個人への投資」であるということを認識しなければなりません。

これは、言ってしまえば、独立する前の起業予備軍の人にとっては、頼れるのは己の力だけなので、自分の能力を高めるための投資は重要ということです。

逆に言えば、起業した後にも自分への投資だけであるならば、ビジネスを大きく展開していくことなど、到底不可能ということです。

コンサルティング業で言えば、多くのクライアント先に対して、豊かな成長発展を実現していかなければなりません。より大きく広い成果を実現していくためには、自分一人だけの力ではなく、協力してくれる人や企業を集め、力を結集させていく必要があります。

こうした大きな力を得て、コンサルティングに活用できるようになっていくためには、様々な「投資」が不可欠です。

会っていきなり「自分に協力しろ」と言って「はいそうですか」という程、世の中は甘くありませんし、自腹でやってみなければ本当のところ分からないといったことは、山ほどあります。

これは、仕事を「もらう」ことに意識がいっている状態だと、どうしても投資に意識がいかないもので、同じ「稼ぐ」という言葉を使っていても、アルバイトを始めるのに投資というものはありませんが、商売始めるには投資がつきもの…というのと同じです。

翻って、「自己投資」や「自分磨き」…などは、誰に向って言われている言葉なのか、経営者を相手にコンサルティングを行うのであれば、絶対に知っていなければならない…ということです。

そして、同じ「投資」という言葉であっても、コンサルタントとして必要な「投資」とは何か、そのために自分は何をしなければならないのか…を知って実行しなければならないということです。

あなたは、「コンサルタントとしての投資」を考え、行っていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照