がんばれコンサルタント! 第139話:成果をあげていくための絶対条件

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第139話:成果をあげていくための絶対条件

20150224A

 

「ゴトウさん、今度本を出す予定なんですけれど、注意すべきことはありますか?」── 先日、セミナーに参加された方からいただいたご質問です。

実は、この「出版に関する注意事項」は、本当によくいただく質問の一つです。本を出したはいいけれど、それから全然仕事につながっていなくて困っている…というのが、その代表例です。

前職が、「経営者向けのビジネス書」の企画編集をしていた関係で、コンサルタントの方の本を手掛けて世に送り出すということに、数多く関わってきました。

経営者に本当に役立つ本ということで考えれば、書籍を手にされた後にコンサルティングを利用する…というのは、実に自然な流れと考えていました。

このため、著者であるコンサルタントの人に仕事が依頼されるように本を編集しましたし、また実際に多くの仕事がコンサルタントに発注され、著者からも経営者からも、たくさんの感謝のお声をいただいてきました。

ここで、必ず押さえておかなければならないことがあります。それは、「本を出したら仕事が来る」──  誰もが願うことではありますが、現実にはほとんどのケースでそうはなっていないという事実です。

弊社にも、何万部はおろか、何十万部も売れているベストセラーの著者の方が、「本は売れているのですが、仕事にならないんです」とお越しになられています。

理由は単純です。「本を出すこと」が目的となっていたり、出版社の都合で本がだされているからです。自分の仕事との関連性も取られておらず、しかも後のことは本を出してから対応を考える…という、まさに「泥棒を捕らえて縄をなう」ばりの、ドロ縄式の対応になっていることが大半だからです。

簡単な話、本をだせば仕事がバンバン来る…という夢物語が本当に事実だとしたら、チラシを撒けば、どんなお店でも千客万来で大繁盛する…というくらい奇妙な話です。

誰が聞いても、そんなことは「有り得ない」ことくらい、すぐに分かりそうなものですが、世の中、変に煽る人がいたり、近づいて商売を企む輩が大勢いるため、ついつい…騙されてしまう人が後を絶たないのです。

一方で、「本を出して、商売が軌道に乗った!」という人も少なからずいます。前職ではそうした方々をたくさん見てきたのですが、この方々には共通点があります。

それは、自分のビジネスに対して、まるで「延縄(はえなわ)漁業」のように、時間をかけてじっくり仕掛けを作っていっている点です。そして、十分な準備や体制ができた上で、ビジネスにつながる本を出しているので、バックエンドにどんどん繋がる…という訳です。

言ってしまえば実にシンプルなことですが、同じような行動に見えて成果につながる人とそうでない人との、決定的な違いはここにあります。

表面的には同じように見えていても、仕込みをしてから動く人とそうでない人とでは、結果はまるで違うものになります。どれだけ思慮を巡らせ、仕掛けを考え、準備を整えていくか…。しかもほとんどのケースにおいて時間は極めて限られているのが現実です。

大きな成果を確実にあげていくために、今あなたは、どんな仕込みをしていますか?

 

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照