がんばれコンサルタント! 第156話:飛躍か低迷か。自分の心を試してくる妙な案件とは…

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

20150623AAA_03

「ゴトウさん、個別相談に伺ったらスグにご契約いただくことができました!」── コンサルタント起業のために、必死でがんばっていたIさんからの嬉しい言葉です。

昨年の2月、弊社のグループコンサルティングにご参加され、約3か月かけて、独自のコンサルティングメニューづくりを行い、その後、ウェブサイトをつくり、パンフレットをつくり、セミナーを行い…と活動を続けてこられていました。

本格的な活動を始めてからでも1年以上が経過しています。たった一つの契約を獲得するために、本当に辛く苦しい時間だったことは、想像に難くありません。

人によっては、「たかが一件の契約…」そう思われる方もいるかもしれません。しかし、今回のこの受注の意味は極めて大きいものがあります。

それは、「もらった契約ではない」からです。弊社では、この点を極めて重要視しています。なぜなら、自ら顧客開拓できなければ、必ずビジネスは終焉してしまうからです。

起業したての時、誰でも「とにかく売上が欲しい…」というのが偽らざる本音でしょう。金銭的な切迫感もなく、趣味でパフォーマンスでやってられる人ならいざ知らず、ビジネスは売上が立たなければやっていけないのがこの世の現実です。

しかし一方で、目の前の売上ばかり追いかけて動き続けていると、本来行うべき仕事から次第に遠のいていき、いつしか「自分はこんなことをやるために、起業したのだろうか?」といったことに陥りかねません。

「何のために、その仕事をするのか」── この自分への問いは、とても重要です。ビジネスを立ち上げ、軌道にのせて成長させていくことを考えるとき、必ず判断に迷うような出来事に遭遇するからです。

実際、Iさんの場合も、まだ契約が取れない状態が長く続いていた最も苦しい時に、ある上場企業から、ご相談の電話が入ったことがあります。

てっきり、コンサルタント契約のことだと思って喜び勇んで伺うと、「実は、常務が倒れまして、代わりに常務になって頂ける人を探しています。」という内容。能力を評価してのオファーですし、このとき提示された年収は2千万円弱とのこと。

Iさんには、奥さんもいますし大学に通うお子さんもいます。なにより起業してまだ契約が取れていない状態です。まさに心が乱れる瞬間です。

しかし、Iさんはその場で、「私はコンサルタントですので、残念ながらその仕事はお受けすることはできません」と丁寧にお断りして帰ってこられてきたのです。

お電話をいただいて居酒屋をご一緒しました。「正直、もの凄く悩みました。でも、また雇われの仕事をするのであれば、起業した意味がありませんし、私はコンサルタントなって活躍すると志を立てたのです。だから断りました。」…今でもIさんの言葉が鮮明に耳に残っています。

分かれた後、ご自宅に帰る前にさらに数軒立ち寄ったそうです。「妻や子に、なんて言えばいいだろうか…。あそこで、“はい”と言えば、どれだけ楽になれただろうか…」と、脳裏をよぎっていたことでしょう。

実は、不思議なもので起業直後に、本当に悩ましい案件が目の前にやってくることが多くあります。

この時期、自分の心がまだ定まっていなかったり、ビジネスの方針があやふやだったり、誰をお客さんにしていいのか自分も良く分かっていない…といったことが大きな理由です。ですから、ビジネスの軸が定まっていない場合、悩ましい案件が何年も何年も続くことになります。

いずれにしろ、この妙な案件は、まるで自分の志を試しているかのように、深く心を乱してきます。金額的に決して悪くなく、しかも仕事的にも似たような感じ…。しかし、何か重大な違いがある…、本当に悩ましく心に迫ってくるのです。

大事なことは、このとき、いかに心を鎮めて初志に戻れるか…。「何のために仕事をするのか…」心を静めて自らに問い直さなければならないのです。

本当に面白いのは、この「妙な案件」は、一方で素晴らしい報酬も用意してくれていることです。心を鎮めて初志貫徹を決めて打ち込みはじめると、自らの心が定まり、ビジネスの方針が定まり、やるべきことがはっきり見えてくるようになります。

自ら顧客開拓することは、本当に厳しく大変なことです。目の前に立ちはだかる、垂直に切り立った崖のようなものです。しかし、心が本当に定まった人には、もはや登れない崖ではなくなります。

実際、ご相談に来られ、自己開拓に成功された方は、その後、加速度的に契約を増やされていっています。1件取るのに1年かかったのに、その後は半年で7件とか10件といったことも全然珍しくありません。

Iさんとの居酒屋で、「本当にこの悩ましい案件をよく断りましたね。さすがです。これで必ず、Iさんはコンサルタントとして大活躍して、今回断った年収の何倍もの収入を、得られるようになりますよ。」とお伝えしました。

果せるかな、その大いなる展開の扉が開かれようとしています。

あなたは、自らの仕事を決めていますか? 自らの心を定めていますか?


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照