がんばれコンサルタント! 第163話:コンサルタントが、絶対に忘れてはならないこと

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

20150811AAああA_03

お盆シーズンですので、少しいつもと変えて…。
 「ゴトウさん、あと数か月の会社勤めを終えたら、いよいよ起業の予定ですが、何かやっておくべきこととかはありますか?」── 先般、グループコンサルティングに参加された、コンサルタント起業を目指している方からのご質問です。

起業に際しては、できるだけ準備をしておきたい…と誰もが考えることだと思います。なにせ先行きが不安ですし、悪戦苦闘するのは嫌。何よりのたうち回るのは恰好が悪いし…。

だから、できるだけ短期間に、そして一気に軌道に乗せたい…と、人によっては勤めている間に、驚くほど周到に準備をして起業に臨む方もいます。

これはこれで重要なことですから、しっかり行っていただきたいと思います。しかし、これまでに関わった方々で、直接ご質問いただいた方には、準備は準備でも、別の準備をされることも強くお伝えしています。それは、「最後の最後まで一生懸命に仕事をして、見事に辞める」という準備です。

理由は単純です。退職・起業によって、会社に少なからず迷惑をかける訳ですから、せめてその影響を最小限にすることができないようであれば、経営者を相手にするコンサルタント起業など、実現が難しくなるのは必至だからです。

コンサルタントの仕事とは、お手伝いを終えて自分が居なくなっても、クライアント企業に指導した「儲かる仕組み」が回るようになっていなければ何ら意味はありません。経営者が望んでいることは、代行ではなく仕組みが出来上がることだからです。

ところが、悪徳なコンサルタントは、自分が居なくなると困るように手を変え品を変えて、業者と癒着したり、自分が代わりに売ってもノウハウを教えないようにしたり…と、代行的価値で企業にへばり付こうとします。

そもそも、本来企業は代行を望んでいるなら代行業に頼みます。その方がスッキリしていますし、成果に対しての費用も明確になります。

要するに、コンサルティングと称しておいて、実態は代行という自称コンサルタントは、間違いなく、企業からすれば邪魔で迷惑な存在なのです。

こうしたことを考えるとき、経営者を相手に、真にコンサルタントとして活躍することを考えれば、100%満足な退職・起業などありえないとしても、可能な限りお世話になった社長に報いる…というのは、非常に重要なことです。自分の存在価値は、間違いなく前職などで培われてきたものに間違いないのですから…。

こうした考えなしに、自己の都合だけをひたすら考えて、退職を計画して進めているとしたら…。

もちろん、ビジネスにはお金が絡みますし、感情も深く絡んできますので、いくら誠意を持って…としても上手くいかないケースもあるでしょう。そもそも、売上が立たなければ、何を言っても起業が始まらないことも、これまた冷徹な現実です。きれいごとだけでは絶対に済まないのが、この世の中です。

しかし、優れた経営者や大きく活躍された方々の多くが、「○○さんに大変お世話になりました」「いまあるのは、前の会社の社長のお陰です」など、折りあるごとに感謝を口にしているのを見れば、単なる偶然ではないことは明白です。

お盆の季節は、我々に考えるひと時を与えてくれる時でもあります。
 あなたは、何を想い、秋から何を実行しますか?

 

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照