がんばれコンサルタント! 第189話:もっと違う方法があるのでは? と思った時の判断基準

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

20160209AA_03

「ゴトウさん、コンサルタント起業を成功させるためには、何がポイントになってきますか? 注意すべきことは何ですか?」── 先般、セミナーにご参加された方からいただいたご質問です。

巷ではよく、「起業に際して、これだけはやっておこう…」的な話が、独立しようとしている人などを対象に、セミナーなどが開かれたりしています。

会社設立の方法や異業種交流会への参加、名刺の準備や自己アピールの方法…、さらには税金関係や届出、保険や年金…にいたるまで、さまざまなことを教えてくれます。

まあこれらの主催者が誰かということはチェックすべきとして、起業に限らず、自らのビジネスを軌道に乗せ、成長させていくためには、絶対に外してはならないポイントがあります。

それは、ビジネスとは「顧客を開拓して売上を上げる活動」だということです。この当たり前の前提に真正面に向き合って行動する必要がある、ということです。つまり、それ以外のことは、すべて後回しでまったく問題なく、自分が提供できる商品が定まり、どうやって買ってもらって売上を立てるか、これに尽きるということです。

もちろん、単に売上があがるだけでは長くビジネスを続かせることはできません。顧客、取引先からの信頼や満足、評価…などが良くなければ、次第に窮することは当然です。だからこそ、さまざまな顧客支援やフォローの活動が行われることも、これまた非常に重要なことです。

しかし、大事なことは、「そもそもの顧客開拓、そして売上が立たない限り、ビジネスとして成立しない」ということは、これはどれだけキレイ事を言っても何ら現実は変わらないということです。

何をいまさら…と思われる人もいるかもしれません。しかし、往々にして「社会に貢献して…」とか、「より多くの方々の幸せのために…」「カネ儲けではない…」といった類の言葉だけが、しらじらしく口をついてでてくる人にかぎって、ビジネスが苦戦しており、そして「営業活動からの逃避」が始まります。

断っておきますが、「社会貢献やお客様の幸福といったことを無視する」などといっている訳では決してありません。ビジネスをするのなら、自らの仕事や活動を通じて、コンサルタントならコンサルティング指導を通じて、顧客の満足や幸福、そして社会への貢献をするのが当たり前、と申し上げているのです。その成果が売上や報酬になって返ってくるのです。

つまり、社会貢献だけが存在するわけでもなければ、お客様満足だけが存在するわけでもないのです。どこまで行っても、仕事を通じて売上をあげる仕事や活動の中で、それらのことを実現していくのが真っ当なビジネスのあり方であり、事業成長を実現していく正しい道なのです。

なぜ、このようなことをしつこく申し上げているかと言えば、それは、ビジネスの立ち上げや成長の大事な時、つまり「やらなければならない時」に、ついつい「やらなけばならいない事」から逃げてしまう人が多いからです。

ビジネスにおいて大事な局面、特に風船を膨らませる最初の瞬間には、非常に強いエネルギーを要します。顧客開拓や営業活動などでなかなか上手くいかないことが起きたり、心理的に面倒なことをしなくてはならない時、分かっているけど気が乗らない時、さまざまな負の壁が立ちはだかります。

このとき、「試験勉強をしなくてはならないとき、まずは環境整備だ! と机の周りの掃除にとりかかって時間をつぶす」ようなことをやる人が結構多いのです。

自分のビジネス、しかも最も重要なことに集中しなくてはならない時に、他人のお世話に没頭して時間をつぶしたり、余計な頼まれごとに時間を割いたり、もっと後でも全然問題ないことに率先して時間を使ったり…。

少しぐらい違うことをやっても…と思う人もいるかもしれません。しかし、一つだけハッキリしていることは、「何か一つ他のことを行えば、やらなければならない重要なことの時間を一つ無くしている」という事実です。

やらなければならない事をやらない限り、絶対にビジネスが上手く回っていくことはありません。この判断基準は絶対です。どれだけ屁理屈を上手に並べても、どれだけ弁論上手に語っても、やらなければならない時に、余計なことを少しでもやれば、それだけ確実に上手く行かない確率が加速度的に増していく…ということです。

この手の人たちに共通するのは、正面を向いてやらなければならないことから目をそらすことです。この結果、「効果抜群を謡ういかにもいかがわしいモノ」や、「魔法のような方法」、「驚くような楽観論」…などに、次々にハマッていくことになります。

正常な思考回路であれば、それがいかに可笑しいかは、瞬時に分かるものです。少なくとも、ビジネスの立ち上げを軌道に乗せた人達からすれば、もう馬鹿馬鹿しいレベルで判断できるものですが、逃げ回る精神構造の人は、さまざまな屁理屈を持ち出して、「試験勉強」から逃げようとするわけです。

一方で、まじめにコツコツ試験勉強をして、問題を解いて…とがんばった人は、徐々にかもしれませんが、確実に点数は上がっていきます。当然クリアーする確率は上がっていきます。

ビジネスの立ち上げから成長も同じです。魔法のような方法もなければ、必殺技もありません。しかし、やるべきことをやるべきときに、しっかり行っていけば、必ず芽がでてきます。

あなたも、あなただけの芽を出すべき時があります。
 やるべきときに、やるべきことをやっていますか?

 

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照