がんばれコンサルタント! 第193話:キャリア10年以上の人が陥りやすい3つの罠

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

20160308aaa_03

「創業10年を迎えることができたので、これを機に、ゴトウさんのところに来ることにしました。」── 先日、個別コンサルティングにお越しになられた方のお言葉です。

弊社にご相談にお越しになられる方には、コンサルタント起業で来られる方も多いのですが、3人に1人は上記のような「コンサルタントとして既に活動されている方」で、それも10年どころか20数年やってこられている…という方も珍しくありません。

こうした「キャリア10年以上の方」の場合、傍目には当然ながら、「わざわざ他人に習わなくても…?!」と、思ってしまうかもしれません。

当社のこちらでさえ、「もう大丈夫じゃないですか?(笑)」と思わずご本人に言ってしまうこともあるほどですが、こうした実績を上げている方ほど、さらに学ぼうとされているのですから、世の中面白いものです。

ただ、この熱心な姿勢こそが、結果的に「キャリアの時期」に、差をつけていってしまうことは、これまでに「数多の先生」と関わらせていただいたことで、間違いない、と断言できます。

なぜ実績がつく時期に…? と思われる方も多いかもしれません。それはこの時期に特有の罠があるのが理由だからです。

簡単に言ってしまえば、「仕事に慣れてくる」という罠です。なんだ、そんなことか…と声が聞こえてきそうですが、これは本人が思っているより本当に怖い罠なのです。

なぜ怖いのか…、それは「自分が行っていることのステージを、一段上げようとしない限り、ほぼ間違いなく慣れた仕事にどっぷり浸かり始める…」からです。

仕事にどっぷり浸かって何が悪い! と口角泡を飛ばしてくる人もいるでしょう。もちろん仕事にどっぷり浸かること自体、何も悪くありません。問題は、「慣れた仕事」という点です。

10年、20年仕事をやっていると、誰でも仕事に慣れてきて当然です。全然、仕事に慣れない…という人がいたら、それこそ問題ですが、注意すべきは「慣れた仕事でこなす」ということを無意識に始めてしまう点です。

そもそも、「食べるので精一杯、何とか稼げるようになりたい!」と、ガムシャラに活動していたのが、徐々に成果も出せるようになり、クライアントが増えて、収入も増えて、自分の仕事のスタイルも定着し、前ほど必死にならなくても仕事も収入も安定して…。

そう、「楽になりたい…」と、考えて必死でがんばってきたのが、偽りのない事実のハズです。高邁な思想で苦労を苦労と思わずに滅私奉公で…と起業のときに言っている人で、その後上手く行っている人とは、残念ながら出会ったことはありません。

これが現実であり、世の名経営者でも、最初は貧乏から脱出したかったから…という方は、本当に多いのです。

問題は、この「貧乏脱出」とか「食べられるようになった」という、一定の段階を過ぎてもなお、本人の人間性や精神性が以前のままの「楽になりたい」というときです。これはビジネス的に確実に劣化が始まります。

なぜ劣化が始まるのか…。理由は実に単純です。「自分が一瞬がんばって少し前に出たとしても、世の中自体が進化しているので、自らの進化を止めればすぐに遅れる」からです。冷静に考えれば、10年前、20年前に凄かったことなど、今では当たり前…ということも全然珍しくない…ということに気づかなければならないのです。

本当にビジネス的に活躍を続けるとしたら、多段ロケットがごとく、自分のビジネスのステージごとに目標や戦略も変えていく必要があります。これはクライアント、顧客がいるビジネスであれば、あまりにも当然なのですが、ついついクライアントを「収入源」と考えて、「どっこいしょ」する先生が非常に多いのです。

こうした先生に目標を聞いてみると、次のような共通点があります。ズバリ陥りやすい罠の3大パターンです。

・「単に数字や物のサイズを大きくしただけの目標」
 ・「顧客商売のビジネスなのに、仕事以外が第一優先となっている目標」
 ・「自分の足場を固めて仕組み化することなく、いまだ勢いだけの目標」

ここで重要なことは、自らのステージを上げるためには、「何のために現在の仕事、コンサルティングを行っているのか…」という、自己の定義や再設定が必須という点です。

ここを放ったまま、もっと上を目指す!と意気込んでも、何を根拠にしたり、原動力にしてよいか分からず、もっと大きな物を目標にするだけ…という悶々とした状態に陥ります。

会社で言えば売上目標を単に上げるだけで、一向に内容も変わらなければ質も変わらず、新事業も新分野への進出もない…という状態です。従来の延長線上で新商品やサービスを出しても、特に事業に与える効果も少なく、ブランド力をつけることも一目置かれる存在にもならない…ということなのです。

一段上のステージとは、言葉では単純ですが、延長線上の目標をどれだけ高めに立てても何も変わりません。自分の足場を固め、自らのビジネスを仕組みとして高め、土台を固めて上を仰ぎ見ることを始めてこそ、本気で描き始めることができるのが、一段上のステージなのです。

この一段上のステージを本気で考え、手を打っていくためには、全力の中から、自ら必死になって余力をつくりだす以外に方法はありません。手を抜いたり適当にやってできた余力とはまるで違うものです。

この必死になって生み出した貴重な時間に、次の打ち手のための準備を行う…。キャリア10年以上の方々が、そこで止まるか、そこから大いなる飛躍につなげていくのか…は、まさにこのポイントにあるのです。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照