がんばれコンサルタント! 第220話:コンサルタントが、安全思考に陥るとなぜ危険なのか?

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

二流は、安全第一。一流は、挑戦第一。

 

「ゴトウさん、手元資金にあまり余裕がないので、コンサルタントでも始めようと思っているのですが、テーマを何にすれば一番いいですか?」── 先日、弊社にご相談にお越しになられた、ある士業の方の言葉です。

正直、この手の「コンサルタントでも…」という言葉を聞きますと、いやが応でもスイッチが入ってしまうのですが、まぁそこは押さえながら「○○さん、コンサルタントになりたい理由は何ですか?」と問いかけることに。

すると、あからさまに「変なことを聞いてくるな~? 」という表情をされながら、「それは、前入金で経費もかからないし、訪問スタイルなら事務所もいらないし、とにかく商売的に安全で…」と、色々と列挙されて…。

こちらとしては、コンサルタントビジネスの指導を本業としてやっている訳ですから、メリットくらいは当然知っております。ついでにデメリットも合わせて、分かりやすく10や20くらい簡単にご説明できます。

当然ながら利点をたくさん聞きたくてご質問した訳ではありません。しかし、当のご本人は気づいていないようなので、「○○さん、そうしたメリットの話ではなくて、なぜやりたいのかという、ご自分の考えや気持ちをお聞かせいただけませんか?」と促しました。

この「がんばれコンサルタント!」で、何度も書いていることですが、コンサルタントという仕事も、紛れも無く「一つのビジネス」であることに違いはありません。

それくらい分かっている! というお声もよくいただくのですが、セミナーやコンサルティングにお越しになられた方が、しばらくして「自分はビジネスをしているつもりだったけれど、全然分かっていなかった」と、よく口にされます。いわく、「単に仕事やお金をもらえる口を探していただけだった」…と。

また、「儲けより社会貢献」だとか「まず、世の中に役立つために…」ということを言ってきたりする人がいます。しかし、こう言う人には、「収益をあげて、自立したビジネス展開をして税金納めて、それから社会貢献を語ってください」と申し上げています。親のスネかじりの状態で、何が社会貢献だのボランティアだの…ということです。

要するに、ビジネスとしてちゃんと回してやっと一人前で、それはコンサルタント業も一つのビジネスなので、当然同じ…ということです。

ですから、ビジネスのメリットをたくさん挙げて、「有利だから」という気持ちも、分からなくもないのですが、わざわざ再度「なぜやりたいのですか?」と、質問をしているのかと言えば、「人は誰でも、理屈だけでは動けない」からです。もっと言えば、単なる利点では、ビジネスの強い動機」とは成りえないのです。

ビジネスを始めるのに、「有利だから…」という理由だけで始めるとどうなるか…。

巷には、テレビや新聞、ビジネス雑誌、ネット…など様々なメディアで、「これからは○○が流行る」とか、「次のビジネスチャンスはこれだ!」、「次にくるビジネスの流れは…」、「次は■■の商売があたる!」…といった情報が、満ち溢れています。

これを真に受けて? というと御幣があるかもしれませんが、「もの凄い数の人が目にする情報」を元に、自分のビジネス展開を考えるとしたら、どうなるか…ということです。

10人が知っていることを10人並にやれば、当然ながら過当競争、価格競争が起きます。千や万単位で同じことをしている人が居並ぶ資格業の世界では、熾烈な競争が起きるのは、あまりにも当然のことなのです。

では、「ビジネスとしてのコンサルティング業」を、豊かに発展させるためには、一体どうすればいいのか…? もう、答えは至極シンプルです。

誰かに習ったものを教えるのでもなければ、千や万単位で同じような人がいる市場でもなく、「自分がこれまでに、仕事や経営の現場で培ってきた独自の経験、知識、ノウハウ…といったものを体系化して提供する」ことです。

ここに、他に無い強い独自性が宿り、しかも「自分にしか伝えられない」、「この自分の全身全霊のノウハウを世に広めて貢献したい!」という、強烈な動機が生まれるのです。これが、小さな企業が、成長発展を実現できる、強烈なパワーとなるのです。もっと言えば、この強烈なパワーがある人を、優れた経営者達は見逃さずに、コンサルティング依頼をするのです。

この、「自分だけの強い武器」を手にできるかどうか…は、「挑戦」と一対のものです。ビジネスにおいて、「挑戦」と「安全」とは、まさに相反するものであり、「安全」を選択した企業は、いかに大手企業でも、わずか数年で屋台骨から傾いていき、やがてこの世から消え去っていくことも、決して珍しくありません。

小さな小さな、一人で行っているコンサルタント業が、もし安全を選択したらどうなるか…。また、コンサルタントが、このような原理原則を理解せずに企業を指導すればどうなるか…。

「安全」を考えれば考えるほど、保守的になり、皆と同じになり、下請け的になり、言われたことだけをやり、アイデアや企画力が乏しくなり、利益率は低くなり、未来はどんどん閉塞的になり、面白くも楽しくもなく、負のスパイラル…が確実に起きます。

あなたは、それでも「安全」を選びますか?
 本当の自分の人生をつくる「挑戦」を選びますか? 

 

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照