がんばれコンサルタント! 第226話:ビジネスにおける、お金と時間の関係性について

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

二流はお金を惜しんで時間を捨てる。一流は時間を惜しんでお金を投じる。

 

「ゴトウさん、今度ある事案を立ち上げようと考えているんですが、判断を少し悩んでいる部分がありまして…」── 先日、弊社にお越しになられた、経営コンサルタントとして目下、大活躍されている方の、次なる展開におけるご相談の際のお言葉です。

伺えば、「自分が関わっているクライアント先に共通する、ある有益なサービス展開を考えているが、その立ち上げをいつ行うか、またその資金について、どう考えていくべきか…」といった内容。

誰でもそうですが、ビジネスを考えるとき、どうしても悩んでしまうのが、この「お金」のことです。お金があり余ってしょうがない…という、極めて奇特な方であれば、こんな悩みはないかもしれませんが、少なくともそういう人に出会ったことはありませんので、「お金」は、ほぼ全員に共通する悩みだと思います。

さて、お金に関して、これが悩ましいのには理由があります。それは、「感情が邪魔をする」からです。

誰でも、「減る」「損する」「取られる」「無くす」…ということは、もう本能的に避けようとします。子供や赤ちゃんが、目の前の食べ物を横取りされたりすると、ギャー!と怒ったり泣いたりするのを見れば分かります。

これは、大人になっても基本的に同じですし、食べものがお金に変っても、やはり同じです。「減るのは嫌」で、これを本能的に避けようとします。

誰にも共通することですし、この感覚はある意味当然なのですが、ここで注意すべき問題は、「減るのが嫌だ」と守りの強さが増してくると、次の実を成らすための「種まき」を抑制したり、削ってしまう恐れがあるということです。

冷静に考えれば、「全部の種が育って実になる」なんてことは確率論的にもあり得ません。そもそも台風が来るかも知れないし、大雨や日照りになるかもしれません。天気までコントロールすることは不可能です。

こうしたことを加味しながら、手元の貯えの種からどれだけ使うか…を考えて種まきをしなければ、当然ながら「予定より少ない」という結果の連続となってしまいます。

ビジネスでも当然同じで、予定していた結果を得るためには、手元の貯えから投資を多めにしない限り、常に「予定より少ない」という結果が続くことになります。天気同様、様々な予想外の環境変化が降りかかってくるからです。

ここでもう一点、押さえておくべきことがあります。それは同じ投資でも、成果を上げるためには、時間軸を早める方法がある…ということです。要は一年かかって作物を収穫するところを、半年や3か月で収穫できるとなればどうなるか…。

ビジネスにおいて、特に立ち上げ期や新事業などには、強烈なエネルギーが必要となります。上手くいくかどうかも不確定ですし、そもそも初めての船出であれば、本当にその方向でいいのかさえ怪しいものです。間違った方向に出航していれば、途中で遭難の危機に陥るでしょう。

こうした手探り状態のところを、3年、5年とかけながら一つ一つ模索しながら立ち上げていくのが起業であり、経営でありビジネスですが、それを短縮してくれるお手伝いが他ならぬ、各専門コンサルタントなのです。

自力なら3年かかるところを、専門家をつけることでわずか1年に短縮させてしまう…ということは、決して夢ではありません。種まきで収穫を増やすことも一つの投資ですが、この「時間短縮」こそ、ビジネスにおける投資を考えるときの、より一層重要な判断軸なのです。

なぜより一層重要なのか…。それは、「他人より、他社より、何倍も長く人生や社命を活用することができる」からに他なりません。構造的な時間短縮とは、同じ一年を3年、5年にも変えてしまう魔法だからです。

同じ時間短縮でも、作業が早くなるとか、移動時間が早くなる…という程度なら、「早くなった分、他のこともできる」というメリットはあっても、ビジネスを根本的に変えるほど、大きな効果につながることはまずありません。

一方で、ビジネスの仕組みづくり、ステージアップといった構造に対する時間短縮であれば、これは驚くほどの効果が表れます。

例えば、お店をつくってガムシャラに働いてなんとか軌道に乗せて、2号店を出して掛けもちでスタッフを増やしながらやりくりして、3つ4つと店を増やしていく中で、スタッフの教育や品質の安定、メニューづくりや多店展開のノウハウ…などを、様々な失敗を重ねながら学び、蓄積していき、ようやく5店目を出したときには20年経っていた…ということは、決して珍しくない話です。

もちろん経営とは、経営者の考え、想い、納得…が極めて重要ですから、良いとか悪いの話をしている訳ではありません。しかし、もしこの経営者が、「何百店舗もの大きなチェーンにしたい!」と夢を抱いているとしたら、ビジネスの時間軸を短縮する手は、極めて有効であると考えられるのです。

お店を立ち上げる、軌道に乗せる、2号店を成功させる、スタッフ教育、品質の安定、販促、多店展開のノウハウ…といった、重要な構造的なポイントにおいて、専門コンサルタントを活用することで、その成功確率は格段にあがります。そしてその成功により軍資金も増やし、さらなる投資が可能となり、次のステップに上がるまでの時間を加速度的に短くしていくことができるのです。

こうした多段階での時間軸の短縮により、20年かかるところを5年や場合によってはわずか3年にしてしまう会社があります。あれよあれよ…という間に急成長して、上場してく会社たちです。彼らの急成長は、この時間軸の短縮にこそ、キモが隠されており、成長が加速してくように見えるのがその特徴です。

同様に、コンサルタントとして独立してから、あれよあれよ…という間に、3千万、5千万、1億円プレーヤーになっていく人がいます。他の人が20年、いや下手をすれば一生かかっても到達しえないポジションに、数年たらずで到達してしまう人がいます。時間軸の短縮に積極的に投資をしているからです。

自らの仕事、「コンサルティング」の本質を正しく理解していれば、自らのビジネスへの投資についても当然、正しく理解し、判断し、実行するからです。

重要なことは、感情による判断ではなくビジネス的な判断です。感情的不安をいかに理性による判断で乗り越えていくか…。

あなたは、自らのビジネスについて正しく理解していますか?
 時間軸を短縮する投資を行っていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照