がんばれコンサルタント! 第240話:コンサルタントが知っておくべき、経営努力とチャンスの関係性

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

二流は浮上してきた時に、ひと息をつく。一流は浮上してきた時に、ひと勝負にでる。

 

「ゴトウさん、これからコンサルタント起業を考えているんですが、だいたいどれくらいの期間で食べれられるようになるものですか?」── 先日、ご相談にお越しになられた、ある大手企業にお勤めの方からのご質問の言葉です。

起業を考えている方にとっては、商売が上手くいくかどうか…は、まさに死活問題です。どのくらいの期間がんばれば、食べられるようになるのか…というのは、確かに気になる重要なテーマの一つに違いありません。

伺えば、失敗しないために起業関連のスクールにも複数通って学び、お金に困らないためにワンルームマンション投資もされているとのこと。会社には内緒的にサイドビジネスで講師業もしていて、お小遣い程度には稼げているとのこと。

この他にも、さまざまに現在考えていること、これまでに取り組んできたこと…などをお聞かせいただきましたが、なるほど、ある意味、冒頭のご質問をされる典型的なパターンの人ということが分かりました。

なにが典型的か…と言えば、ズバリ「計画行動型」スタイルという点です。しっかり計画を立てて、準備して、そのとおり行っていけば上手くいく…と考える人の思考回路です。

もちろん、この考え方は重要なことを多く含んでいます。そもそもしっかり考えて計画を立てて行動する…ということをしなければ、行き当たりばったりで無計画、行動に軸も方針もなければ、これは上手くいくものも行くはずはありません。マグレであたっても一発屋で終わってしまい、また元の木阿弥…になってしまいます。世の中、ラッキーだけで順調に行くことなど不可能だからです。

しかし、計画を立ててそのとおり行えば上手くいくのか…と言えば、これまた「そんな単純な世の中ではない」と言わざるを得ません。世の中変化の連続ですし、準備を万全にして…という、その準備をしている間にも、刻々と状況は変化していっている…ということを知らなければならないのです。

そんなの当たり前でしょう? と思われる人も多いと思います。当然でしょう。ビジネスの基本だからです。しかし、これから起業する…という人が、最もミスをしやすいポイントとは、ビジネスの形を固定的に捉えているために、「それに近づくためにはこれをやればいいんでしょ?」と単純に考えてしまう点です。

ビジネススクールの先生が教えられないのは、まさにここです。どれだけ知識があっても、「ビジネスを立ち上げる」ことと、「できあがったビジネスを行う」こととは、まるで違うのです。

ビジネスは変化するもの、もっと言えば「変化させながら進めていかなければ上手くいかない」のですが、これを別の言葉で言えば、「状況経過ごとに、やるべき事やエネルギーの掛け方を変化させる必要がある」…ということになります。このことがよく分かっていないと、ほぼ間違いなく停滞、失速が待っている…ということになります。

要するに、地面に建物を立てるがごとく、計画どおりに建材を組んでいっても、ビジネスは走らない…ということです。流れる川の上や、飛んでいる空の上で状況に応じてつくっていく…というくらいの感覚に近いものです。

風船一つでも、膨らんだ後の圧力と同じ空気圧だからと言って、最初からその圧力で息を吹き込んでいても、最初に風船が膨らむことはありません。最初は一気に、途中で持ち手も変えて、歯をくいしばって一度止めたり…と、状況に応じて様々なことをして、ようやく風船が膨らむ…わけです。

こうしたことを、皮膚感覚で理解している人であれば、「いわゆる勝負どころ…」というタイミングを決して見逃すことはありません。努力して努力して、ようやく膨らみ始めた、浮上してきたある意味、一番「ひと息つきたいタイミング」のときこそ、最も重要なタイミング…と知っているからです。

計画行動型スタイルの人は、このことがなかなか理解できません。決められたことをキッチリこなすことは、ある意味大切な成功要素ではありますが、ビジネスを行うということは、どこかで勝負師でなければならない部分が必要となります。別の言い方をすれば「動物的カン」があるかどうか…。

努力をどれだけしても、なかなか花が咲かない…と言う人がいます。これらの人は、本質的な「努力とは、チャンスを増やす活動」ということを正しく理解していない可能性があります。そのままでは、永遠に花が咲かない…ということになりかねません。

あくまでも、チャンスを増やす活動が努力であり、努力だけしていれば花が咲く…ほど、ビジネスの世界はお花畑ではありません。このことを、日常から嫌というほうど知り尽くしているのが経営者です。

当然ながら、この方々に指導するコンサルタントは、絶対にこの原理原則を皮膚感覚で分かっていなければ、いつになっても「まともに食べられるようにならない」ということになってしまいますし、まともな指導などできるはずもありません。

大きく成長した人、そして企業に共通していることは、「浮上してきた最も重要なタイミングに、歯をくいしばって勝負にでている」ということです。

「冒険しなければ飛躍はない」── とは、最も敬愛する偉大な師、日本経営合理化協会を創設した、牟田學 理事長の言葉ですが、これは、まさにビジネスの原理原則を示している言葉と言えるでしょう。

努力を積み重ねてきているあなたにこそ、挑戦の時が待たれています。
 あなたが勝負するときはいつですか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照