がんばれコンサルタント! 第253話:コンサルタント業を成功させるための競争原理

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、本当に想像より時間がかかるものですね~」── 先日、事務所にお越しになられた、昨年当社にお越しになられた方の言葉です。

ある士業の資格をとられて独立をされ、そのお仕事は順調に推移して食べられるようになったけれど、いずれ今の分野は難しくなってくるため、コンサルティングを組み合わせた新たな展開をしていきたい…と、弊社の門を叩かれた方です。

あっという間に半年とか一年とか経ってしまうので、全力でがんばってください…とは、関わった方々皆さんにお伝えしている言葉ですが、変な話、本当に、あっという間に時間が経ってしまうからこそ、そうお伝えしています。

コンサルタント業の場合、お店のように建物や内装、販売する商品やスタッフ…などを準備する必要がないのだから、「そんなに時間がかかるハズがないでしょう。始めればスグにできる!」…と、考える人が多くいます。

また、「他の人はそれくらい時間かかるかもしれないけれど、自分は違うから…」という、一種の自負心からくる場合もあります。

当社では、これまでに200人近くの方がお越しになられているので、現実的なことを申し上げるなら、最短半年、一年フツー…という感覚的な時間軸があります。これは実際に関わってきた方々の、一種の平均値ということです。

平均値は平均値でも、一つ付け加えるべきことは、「独立起業する人や既にやっている人の平均値」ということです。いわゆるビジネスマンとしての…といった、単純な基準では決してないという点が重要ポイントです。いわば、「トップクラスの平均値」といったところでしょうか。

独立起業したり、既にビジネスを立ちあげている…という人は、ビジネスマン全体からみれば、常識的に考えて「よく出来る」層といえるでしょうし、何より、「負けず嫌い」な性格や、「プライドが高い」「粘り強い」…といった性格的な特徴もかなり共通しているといえます。

だからこそ、重要なことが一つあります。それは、速さ競争の世界から、いかに「自分のビジネスのために」といち早く転換し、確実な布石を打つことに集中していけるかどうか…という点です。「みずからのビジネスをどう成功させていくか…」の前では、プライドや他の人との優劣、速さ自慢…といったことは、すべてどうでもいいことだからです。

意識しているかどうかはともかくとして、会社や組織、チーム、コミュニティー…といった集合体の中では、競争というのは、すべて相対比較で行われます。誰かがつくった仕組みがあり、その中での競争というのが本質だからです。言葉は悪いですが、速さ自慢や優劣自慢も、そのレールがあるから簡単にできるのです。

しかし、みずからのビジネスをつくるということは、「無」のところからコツコツ積み上げ、築き上げることを意味します。これは他人との比較でもなければ速さの競争でもありません。自分のビジネスを築いていく、独自のコンサルティングを展開する…という本質は、決して他人との競争などではなく、自分の夢への挑戦であり、自分との戦いです。

だからこそ、「自分がやるべきことに、早く気づく」ことが最も重要であり、膨大にこなしていかなければならない石垣積みに対して、着実にとりかかることが何より重要なのです。

この小さな石積みは、ほとんど他人から見ると判別不能なくらいに、一つ一つは小さな活動だったりします。しかし、怠らずに半年、一年、二年…と行っていくうちに、石垣は積みあがり、誰の目にも見えてくるようになります。

冒頭のご相談にお越しになられた方は、自分が目の前の仕事に時間を取られて、ついつい自分が立ち上げるビジネスの方を疎かにしていたことに気づかれ、キリッとした顔で、「気づきました、さっそくやります!」と笑顔でお帰りになりました。遠回りに見えて、実はやるべきことを把握するために、必要な時間だったと言えるでしょう。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、ビジネス、特に経営者であれば、自社が展開していることをしっかり把握し、何を今後行っていかなければならないのか…は、自ら考え、決めていくことができなければ話になりません。

ところが現実的には、他人のマネ、しかも「似て非なる仕事」をしている人のマネをして、「一見、早く見える」活動をしている人は少なくありません。自分のビジネスをつくる活動を、どこかの組織の中での競争といまだに勘違いしているのか、深い考えも無く、単に表面的な形や販促を繰り返している…というパターンです。

見た目こそ、速くて活動的に見える…かもしれませんが、本質がまるで違うため、効果が継続することも無ければ、活動が積みましていくことも決してありません。むしろやればやるほど悪化していく…とは、書籍でも提示しているように厳しい現実が待っています。すべては、表面的に競争しているだけ…だけだからです。

本物勝負の方は、時間がかかっているのではなく、実はもの凄い地味に、そしてコツコツ活動を繰り返しています。それは他人との競争などではなく、自分との戦いで行っていて、何年かしてようやく目に見えるくらいにつみあがってきます。このことに気づいた方は、確実に自分のビジネスの夢をたぐりよせていっているのです。

あなたは、自分のビジネスの成功のために、何をしなければならないかを把握していますか? 少しずつ少しずつ、確実にたぐりよせていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照