がんばれコンサルタント! 第285話:同じような経歴でも、稼げるようになる人とそうならない人の違い

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、ちょっとコレ面白そうなんですが、どう思いますか?」── 先日、ある士業系の先生の集まりで、立ち話的にお話をしていたときのお言葉です。

このときの「面白そう…」というのは、ざっと言えば、国のある制度変更に関する内容。そのことについて談笑していましたが、お話をしているうちに、どうしてもひっかかることがでてきまして…。

何が引っかかるかと言えば、ズバリ、「それどうやってお金にするのか?」という点がごっそり抜けていたからです。

世の中、「面白い」という話は、探せば結構ありますし、ビジネスの仲間で話をしていれば「面白い」話題はよく出てくるものです。逆に言えば、面白い話の一つも出てこないとしたら、これはもう「新しいモノに全然触れていない仲間」か、もしくは「好奇心が枯れてきている?」可能性が高い…とさえ言えるでしょう。

理由は実に単純です。そもそも、ビジネスにおいては「お客さんを驚かせたり、楽しませたり、喜ばせたり」することが、売れる原点だからです。

技術や知識や経験・ノウハウが…と、やたらに自慢する、自意識過剰のような人もいますが、それらの要素も、お客さんから見て「すごい」と感じてもらえなければ、まったく意味がありません。買ってくれるのは、あくまでもお客さん側が判断だからです。

当たり前のことを…と思う人も多いかもしれません。しかし、現実には「ん??」と思うケースによく遭遇するのです。冒頭の話のような「これ面白いでしょう?」というパターンです。面白いにも色々なパターンがあるのです。

危険なのは、誰にとって面白いのか極めて不明瞭なケース。しかも酷いのに至っては、「どうビジネスにするのか?」すら考えてもいない…というケースです。自己都合のみで、「これを面白いから、買ってくださいよ」といった、ほとんど意味不明の話すらあったりします。

世の中、「金の話ばかりするな!」という人がいます。しかし、経営者相手に、しかもビジネスの話をするのに、お金の感覚が希薄であれば、それこそ「無能」の烙印を押されるのが関の山です。

ビジネスであれば、相対の取引というものが前提ですし、双方にメリットがなければ成立しません。つまり、ビジネスになる…ということは、相手にメリットを提示でき、かつ自分にもメリットがある…というときに成立する訳で、新人の営業マンならいざしらず、一方的な話であれば、これは当然ながら「押し売り」以外の何物でもありません。

そんなの当たり前というかもしれませんが、「制度が変わった」のを説明して、ビジネスになる…と考える人の脳みそでは、この当たり前の理屈が分からない人がやけに多いのが現実です。変わったんだから、仕事になるでしょう? という超短絡的理屈だったりします。

例えば、自分の住んでいるところの住所の表記が変わったからと言って、それを「喜んで誰かにお金を払って変えようとするか…」ということです。

仕方なく変えることはあっても、積極的に喜んで変える…という動きとはまるで違う、ということは、誰にも分ることだと思います。極端な話、誰にも迷惑かからず、昔のままでも何も問題なければ、誰も何も変更などしない…ということです。

技術や技能、ノウハウや経験…といったものも、実は同じで、「面白いご経験」や「ユニークな経歴」、「凄いノウハウ」…があっても、これをどう提示するか? によって、「単なる一人よがりの凄さ」にしかならない…ということが起きてしまうのです。

子供が集まって話をしているのではないのです。ビジネスの最前線に携わる人が、「面白い!」という話をしているのであれば、お金にどう絡んで互いにどうかかわれるか…が提示できなければ、それこそ単なる「物知りな人」で以上終わりです。ビジネスを一緒にできる人ではないからです。

ひるがえって、自分が提供する知識やノウハウについて、いかに「お金に変えるか?」「相手にも変えてもらうか?」といった「変換ノウハウ」は、ある意味、積み上げてきた知識や経験と同等か、それ以上に重要ということです。

特に、経営指導に携わるコンサルタントにとっては、その指導一つで、クライアントの業績を左右することになるだけに、「お金に変える、優れた感覚とノウハウ」がなければ、「単なるちょっと詳しい作業員」くらいにしか役立たない…ということです。

あなたは、自分の知識や経験、ノウハウ…を、しっかりお金に変えるビジネスモデルを展開していますか? クライアント企業にご指導されていますか?

 

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照