がんばれコンサルタント! 第312話:勝負のタイミングと勝負どころ…についての原理原則

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、おかげさまで前期は目標を達成することができました。それで次の打ち手のことで少し気になりまして…」── 一昨年前から当社にご相談にお越しになられていて、昨年コンサルティングが本格的に軌道にのってきたという方のお言葉です。

ビジネスを大きく、しっかり成長させていきたい…という強い想い。この実現のために、伸びてきている商売に対して、いま何をすべきか…というお話ですが、何かどうも気になる…というご相談です。

実は、こうしたご相談というのは、比率でいえばかなり少数派です。仕事が順調に伸びてきた、軌道にのってきた、儲かるようになってきた…というのですから、常識的には何も問題ない? というのが当たり前だからです。

現実的な話、多くの人は「その延長線上に進む」ということをほぼ無意識に近いレベルで行います。それが最も得策であり、上手くいっているんだからそれでいいハズ…と考えるからです。

面白いもので、こうした状況下に「ん??」と妙なインスピレーションが働くというのは、これは何かの知らせ? と感じたからに違いないでしょう。好機をつかんで強く成長していくためには欠かせない勝負師のアンテナかもしれません。

これは何も、順調にいき始めている人だけの話ではありません。これから始める人はもちろん、十年、二十年…と展開されている方にも共通する話です。

重要なポイントとして、商売やビジネスの大きな成長には、コツコツやっていく面と、根本のステージを引き上げる飛躍の面の、両方を意識する必要があります。どちらが欠けても大きな成長を手にすることはできないからです。

簡単な話、まじめにコツコツ努力を続けることができなければ、そもそも商売としての基礎も築けません。また信用も信頼も、ブランド的といったものも、ビジネスとしての真面目さや堅実さ、誠実さ…などがあってのことで、こうしたものはキッチリとした努力の継続があってはじめて醸成されていくものです。

ですから、このコツコツ…の面でしっかり行うことができない人の場合、かりにマグレ当たりしたとしても、決して長続きさせることはできません。言ってしまえば基礎部分が全然できていないため、それを発展させるどころか、維持することもままならないからです。

一方で、どれだけコツコツやっていても、それは多少の角度の違いはあれど、同一ステージの延長線上に変わりはない…というのも厳しい現実です。確実に進み、登ることはできても、人力で歩くがごとく、登れるスピードも高さにも限界があるということです。

一段上、さらに上の階層に上がっていく…という大きな成長を実現するには、エンジンで言えば1速から2速、3速とギアを上げるがごとく、ステージアップのための勝負に出ることが重要となります。

どれだけ真面目にコツコツ成果を上げる働きをしていたとしても、どこかの傘下やお勤めの状態であれば、1速に入れたまま延々と走っているようなもので、大きな変化は起こらず、どこかで勝負というギアチェンジをしない限り、自分が本当に望む世界は手に入らない…ということです。

プロフェッショナルの道に進む、独立する、独自性の自社の世界にシフトする、本部から離れる、新たな事業展開に打って出る…、様々なギアチェンジによる勝負があります。

あまりにも当然のことですが、世に名を遺した人とは、重要なタイミングで勝負に打って出て、それをモノにし、自分独自の世界を作り上げていった人です。

こと勝負という面で言えば、車のエンジンよりロケットの方が、よりビジネスでは現実的かもしれません。宇宙空間という自分が描く自由な世界に到達するためには、多段エンジンのロケットで必要なタイミングで点火してつないでいき、ようやく宇宙に行くことができます。

1段目のロケットだけを燃やしていても到底宇宙にまで行けませんし、2段目のエンジン点火が早すぎてもアウトです。オタオタしてタイミングを失すれば、まさにロケットは失速してこれまたアウトです。

2段目3段目…のエンジンに点火するには、勇気とタイミングが必要なことは言うまでもありません。しかし、この勝負魂がなければ自分が思い描く宇宙空間には到達できません。

重力という放っておくと引き戻される力が作用するのが物理の法則なら、「世の中の進化」という強烈に置いていかれる力が作用するのがビジネスの法則です。

世の中のビジネスの進化というのは、想像以上に強烈であり、同じことを5年繰り返せば完全に危険信号であり、この時、場当たり的な対処をすればするほどその遅れは致命的になります。

これは、旧態依然の商売がどうなっているかを見れば一目瞭然で、誰かに助けてもらうことや、補助金的なものにすがる、何でもいいので仕事になれば…といった、およそ自分の思い描く自由な世界の正反対の状態が見て取れる訳です。

1段目のロケットが少し上手くいった程度でどっこいしょしたりすれば、すぐに地上に引き戻されて墜落、爆発炎上しかねないのが厳しい現実ですし、一気に上昇していくために、2段目、3段目のエンジンを用意して、勇気をもって点火していくことこそ重要ということです。

あなたは、自分のビジネスの成長のために、次なるエンジンの用意をしていますか?
 勝負どころを読み、エンジン点火を行っていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照