がんばれコンサルタント! 第316話:コンサルタントが絶対に知っておくべき、失敗に対しての基本的思考

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、先日ある案件でミスをしてしまいまして、大きなクレームが発生するかもしれません。お金的にもしばらく大変になるかもしれません…」── 先般、ある業界の専門コンサルタントを目指して独立された、まだまだ前途多難の方からの悲痛なお言葉です。

失敗が思いのほか大きく、精神的にもかなりダメージを受けていらっしゃるのがすぐに伝わってきましたので、まずはお身体の心配を案じることに…。

前職時代から、ビジネスの成功や失敗と非常に近しいところで仕事をしてきた関係上、様々な方々を目にしてきました。仕事や経営が上手くいかなくなったとき、何が起こるかと言えば、「身体の変調」です。

ヘンな話、如何わしいところから借りてさえいなけえれば、借金で死ぬことはありません。しかし、体の変調が原因で死んでしまうことは、本当によくある話です。死なないまでも、「まるで別人」とか「ほとんど廃人」みたいになっていくことも珍しくありません。

なぜ、そうなっていってしまうか…と言えば、この苦しい状況の際、第一の関門がやってきます。それは、「諦める or チャレンジする」という実に単純なものです。

一見、これだけを提示されれば、圧倒的大多数の人が、「チャレンジする」と答えるでしょう。しかし重要なのは、「単なる言葉ではなく、精神的にチャレンジを諦めないのかどうか」…という点です。

なぜここが重要なのか…。理由は単純で、失敗に直面した際、その経験した恐怖と辛さから、「安全思考が強まる」からです。誰でもそうですが、「失敗を経験したことがなければ、極めて積極的でチャレンジング」だからです。これは、痛い目にあったことがない子供たちが、極めて無鉄砲なのを見れば簡単に分かることです。

大切なことは、「痛い目に遭っても、もう一度、平気な顔をして立ち上がって挑戦できるかどうか」という点です。

失敗しても痛くないような事なら、そもそも大した挑戦でもありません。失敗をしたことがないようなら、そもそも挑戦に値もしないことしかしたことがないでしょうし、痛くて二度とやらないようなら、これこそ安全思考の極みで、言ってしまえば「負け犬」や「飼い犬」になろうとしている話ということです。

首輪がつこうが、自由がなかろうが、それでも安全確実にエサをもらえる「飼い犬」。一方、身の安全は自分で守らないと常に危険で、食べ物にもいつありつけるかどうか分からないけど、すべてが自由な野良犬。

どちらが良いとか悪いとか論じるつもりは毛頭ありませんが、自分は野良犬だと言っておきながら、ちょっと転んでケガをしたり、エサにありつけなかっただけで、キャンキャン泣きまくるとしたら、それは話が違うでしょう…ということです。

重要なことは、失敗そのものが怖いでのはなく、「負け犬化していく」ことなのです。負け犬を分かりやすく言えば、次のような特徴が顕著にでてくることです。

1、失敗の原因を、とにかく他人の責任にしようとする
 2、失敗者同士、傷口を舐めあうために群れようとする
 3、少しでも成功しそうな人がいたら、親切を装って引きずり降ろそうとする
 4、チャレンジしない理由を、安全確実な方法が最も賢いと正当化しようとする
 5、自己重要感を高めようと、周囲を見下したり蔑むが、相手にされなかったり冷ややかにバカにされて余計にイライラを増幅させる

重要なポイントは、1~5が負のスパイラルになっていることです。5に直面したとき、「そもそも自分がこんな目にあっているのは、アイツのせいだ!…」と、また1に戻って劣悪な感情を増幅させて、負け犬化を進行させていってしまうのです。

この負のスパイラルを止めるのは、これまた実は単純で、「1」を止めればそれで済む話です。だからビジネスで成功する人、偉大な経営者は、共通して「自己責任」という言葉を、当たり前のように発する訳です。

このことさえできていれば、当然、2~5は起きようもありませんし、代わりに「次こそ成功するために、一体何をすればいいのか?」に全エネルギーを集中させることができます。

人がもつ精神力、思考力、さらには与えられている時間は当然ながら有限です。これらを、いったいどっちに使えばうまくいくのか…。あまりにも簡単なエネルギーの法則であり、小学生でも理解できる話です。

偉大な経営者ほど「大失敗」の経験がありますし、それこそ「えっ、そんなところからよく復活されましたね!」という話に事欠きません。

コンサルタントでも同じで、大御所センセイにこっそり聞いてみると、「いや、昔はこんな大失敗をやらかしてね…」と、これまた「えっ!」と思わず、聞いているだけでお腹が痛くなるような話がたくさん出てきたりします。

誰も好き好んで失敗はしたくないのが人情ですが、挑戦なき者への失敗は「叱咤」だとしても、挑戦している者への失敗は「激励」というのが本質ということです。

あなたなら、必ずもっと成功できる。だから一度ここで足腰を鍛えてその強くなった力でもっともっと上に登ってきなさい…と、天から与えられたもの、ということです。このチャンスを活かすには、決して負け犬のスパイラルに陥らない…ということが大切なのです。

あなたは、転んでも平気な顔してまた挑戦しようとしていますか?


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照