がんばれコンサルタント! 第33話:人の心情を知って手を打っているか

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第33話:人の心情を知って手を打っているか

  経験の浅いコンサルタントの方が、指導先の現場で、さまざまな制度や仕組みを導入しようとするとき、その会社の社員やスタッフの方から大きな反発が出て、思うように進まない…という事があります。

 一方で、熟練のコンサルタントの方が行うと、非常に難航が予想されるような仕組みの導入でも、実にすんなりと進んで、「意外と簡単だったね」と、関係者一同で喜びあうといったことがあります。

 この違いは、仕組み導入への技術的な上手さやノウハウ…といった場合もありますが、多くの場合は、「人の心情を知っているかどうか…」という点にあります。

 特に、若手の新米コンサルタントの場合、手柄をあげようと、端から見ても必死になっている事が往々にしてあります。このとき、「仕組みを導入すること」が目的になってしまい、コンサル先の社員やスタッフの方を、無理にでも制度や仕組みに「従わせる」心理状態になっていることが多いのです。

 ある日突然、外部からやってきた人が、自分たちによく分からないことをやり始めて、新しい仕組みや制度に従え…と言ってきたら、反発するのが当然です。こうなったらテコでも動かない…というのが人間心理というものです。

 人は誰でも、上意下達的な、上からの一方的な命令には喜んで従いません。逆に、大変困難なことでも、自発的に決めたりやろうとすることであれば、必死でがんばるものです。この心をどこまで熟知して、実際に行えるかでコンサルタントとしての実力が試されるのです。

 成果がでなければ、コンサルタントとして話になりませんが、経営者をさしおいて表に立って成果を出そうとしたり、自分の手柄に意識がいっているうちは、まだまだ二流と言わざるをえません。

 特に難しい制度や仕組みであるほど、「導入後にも、社内で自然に回るようになるか」…は、とても重要です。このことを考えるならば、「自分たちが考え、自分たちが行っていることだ」と、皆の自発性を引き出すことに腐心し、みずからの存在すら消し去ることも厭わないのが、本物のコンサルタントと言えるでしょう。

 このため、一流のコンサルタントは、むやみに表に立つことはありません。コンサルティングにおいても、経営者を通して指導を行い、関わる皆に手柄を取らせるようとし、超一流にもなると、そのことすら気付かせなくなります。

 コンサルタントとは、「黒子(くろこ)」の存在であり、経営者の介添えが本来だということを忘れないでください。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照