がんばれコンサルタント! 第338話:コンサルタントが押さえておくべき「チャンスの女神」のタイプ別攻略法

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「いやぁ~さすが持っていますね、驚きましたよ」── 先日、ある会社の催し物に出席していたのですが、その式典の終了間際になって起きた「あるトラブル」への、仲間の方々の言葉です。

何が起きたのか…と言えば、「機材トラブル」です。予定していた感動のフィナーレを飾るはずの映像でしたが、なぜか「音が出ない!」のです。何度も試すもダメ…。

ほんの数十秒ほどなのに、膨大な時間が過ぎていく感じです。会場のざわつきが余計にプレッシャーを増幅させます。現場担当者なら胃がキュッときて、額から変な汗がドッとでてきそうな状況でした。

この重苦しい空気を振り払うように、催し物を主催していた会社の社長さんは、笑顔で「えっと、〇〇さん、ちょっと無茶ぶりだけど、この音の出ない映像に、即興で歌詞を乗せて演奏してくれない?、上手くできたら持ってきたCDぜんぶ買ってあげるから!」とジョークまじりに、マイクを使って会場でコールをされたのです。

まあハッキリ言って無茶ぶりです(笑)このコールをかけられたのは、催し物にゲストで呼ばれていたミュージシャンの方。場の盛り上げ役として、ギターの弾き語りをパーティー中にされていましたが、さすがに「まさか」の展開です。

いくら普段、弾き語りをしているといっても、「初めて見る映像」に合わせて…という意味不明の注文です。しかも会場には100人以上の経営者層が集まっていて、これがフィナーレになるから…という、超絶プレッシャーのかかる場面です。

えっ、大丈夫?無理でしょう?などと、周囲が気をもんでいる中、「あっ、分かりました! マイクと椅子の用意、お願いします~!」と、返事の声が、会場にこだましたのです。

完全な予定外の演奏だけに、セッティングに少し時間がかかっていましたが、その間にも「映像はだいたい、何分くらいのものですか?」とか、他にも何点かやりとりの声が…。

その間、パーティー中の演奏の時とはかなり違う…というとアレですが、まさに緊張感がヒシヒシ伝わってくる面持ちで、いよいよ本番、それもまさに、「ぶっつけ」が始まったのです。

トラブルの後だけに、まさに全員が注目していました。そして、まったく予定外の演奏、しかも即興で映像に合わせて…という無茶ぶりの内容だっただけに、より一層、皆が聴き入ったのでしょう。熱意あるライブ演奏は、聴く者の心を強く打つものでした。割れんばかりの拍手喝采は鳴りやまず「鳥肌モノの、本当に感動のフィナーレ」となったのです!

参加された方々は、口々に「もしかして予定してた?(笑)」「さすが!、本当に感激したよ」「いや~、まさかトラブルまで演出していたとは!(笑)」「いいもの見させてもらった!」などと、もう大喜び。そして、会場出口に設営されていたたCD売場のところには、あっという間に黒だかりが…。

面白いのは、後に聞いたのですが、主催された社長さんいわく「音がでなくなったとき、これはチャンスが来たと思った」というのです。

もちろん主催者ですから、「なんとかしなければ…」と考えたはずです。そもそも、トラブルなんて起きないほうがいいに決まっています。しかし、悲しいかな、「トラブルが起きてしまう」のが、人生であり経営なのです。

ここで、「ああダメだ!」と、お詫びして場を締めるか。それも方法には違いないでしょう。しかし、20年、30年…と経営を続けてこられた方は、新人経営者と少々違うのです。ハッキリ言えば「いい意味で往生際が悪い」のです。しかも、転じれないかと頭をフル回転させる訳です。そして実際に、トラブルを咄嗟の機転でチャンスに書き換えてしまった訳です。

これはある意味、訓練の賜物です。トラブルでピンチに陥ったときも、右腕だった社員がやめていったときも、期待していた新事業が大失敗したときも、災害に見舞われたときも、お金が底をつきかけたときも…、いつも必死に頭をフル回転させて、何とか生き残るために必死でがんばってきたからこそ、咄嗟の機転や対応ができるようになったのです。

最初から機転の利く人などまずいません。表面的に真似をしても、相手も応えてくれないのです。何かが違うからです。

興味深いのは、強引なようにみえて「全部買ってあげるから!」のご褒美つきで、そして親しみがわく笑いでオファーしていることです。もちろん、この無茶ぶりに応えた人も、「まず、受ける。これは皆の前で演奏してアピールできる貴重なチャンスだ!」と応え、セッティングしているわずか数分の間に、「どうするか」を必死で考えていたのでしょう。

チャンスが欲しいと誰もが思っていますが、世の中がいつも通りに問題なく廻っていれば、それは「いつもどおりにいつもの人がやって、いつもどおりにその日が終わる」だけです。

翻って、自分達がチャンスを掴むには大きく2つのことが重要なのです。1つは、前もってしっかり準備して…とは、誰もが考えることですが、この時は、念入りに虎視眈々と準備をして、満を持して激震が起きるくらいの「フルスイング」をすることが大事です。周囲を揺らすことで生じる「ひずみ」がチャンスだからです。

もう1つは、予定外のトラブルや、あってほしくない問題、その他何か…が発生したとき、「いつもと違うことが起きる」ことになります。このとき、「誰かからチャンスを振られる」ことが起きる「かも」しれません。ただし、ヒドイ条件付きです。当たり前です。トラブルによって偶然空いたチャンスだからです。

チャンスの女神とは、「心を揺さぶられたい、新しもの好きのトキメキ王女さま」か、はたまた「無茶ぶりが大好きな、ワガママ王女さま」のどちらかということです。

ここには、普通のことを、いつも通りに、いつものペースで、コツコツやって…という類のものがないことが分かります。女神さまからすれば、ツマラナイからです。

「たまたま、あさって良い広告枠が空いたんですが…」、「予定していた講演の人が、急遽これなくなって…」、「決算で、いま頼んでもらえたら半額でやりますよ」、「今週中に原稿を用意できるなら、本を…」、「明日、出張で得意先のところに行きますが、パンフレットを用意してもらえるなら…」などなど、無茶ぶり王女さまは、意外なほど身の周りに多かったりします。

そんなのないけど?という人は、気付いていなかったり、知らぬ間に断っていたりしているだけです。そもそも、アンテナが立っていなかったり、断りつづけて声がかからなくなっていることも考えられます。

せっかくの無茶ぶりチャンスに気付いたなら、どこまで本気で掴みにいくか…。結論から言えば、物理的に不可能なこと以外は、0コンマ何秒で判断し、「やる!」と答えられるかどうか…ということです。

後は、全神経を集中させて、何が何でも帳尻を合わせるために逆算し、協力を仰ぎ、持てるすべてを動員して「何とかする」ということです。

準備をしっかり、そして本気で出て行くことも大切です。そして、それを活かすためにも、気まぐれのチャンスもつかむことです。

今は大きな会社になっているところも、最初は小さな無茶ぶりチャンスに、「やります!」と応えてなんとかしたのです。あり得ない納期、あり得ないオファー、あり得ない用意物、あり得ない条件…。

優れた経営者はもちろん、大いに活躍しているコンサルタントは、みなこの感覚をもっているからこそ、顧客も取引先も喜ばせ、そして大いに成長していっているのです。

あなたは、どちらの女神が好きですか?
 あなたは無茶ぶりへの訓練を行っていますか?

来たる2019年、更なる挑戦で、大いなるチャンスを掴んでください!

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照