がんばれコンサルタント! 第373話:新しいことに挑戦するのに、迷ったり怖いと感じる時に考えるべきこと

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、次の一手を考えているんですが、コレどう思いますか?」── 数年前から当社にお越しになられている、忙しく飛び回っているコンサルタントの方のご相談のお言葉です。

コンサルタントとして大きく活躍されている方なのですが、目下さらにその先の、新たなビジネス展開を模索していて、そのご相談にお越しになられたとのこと。

最近では、こうした「コンサルタント業」そして「その先のビジネス」についてのご相談も多くなってきており、判断が難しいものも多い反面、実にユニークなビジネス展開のご相談を直接いただけるのは、商売冥利に尽きるとも感じています。

それはさておき、起業にしろ新たな展開にしろ、「何かを新しく始める」という時、絶対に押さえておくべきポイントがあります。それは実にシンプルです。「足して二で割らない」ということです。

もう少しご説明するなら、「都合よく色々な意見を入れれば入れるほど、何の特徴もないものができあがる」という、実にカンタンな話です。

なんだそんなことか…、そうです。そんなことか…の話です。新製品をつくるのに、できるだけ多くの人の意見を聞いて取り入れているうちに、出来上がった製品は、まさに「何の特徴もとりえもない製品」に仕上がってしまう…というアレです。

当たり前すぎるほど当たり前のことです。多くの人に聞けば聞くほど、結果として「最大公約数」に近づいていくのですから、当然、とがった部分は消えて、ドンドン丸く普通になっていくのです。

大手企業がすでに市場を押さえていて、そこに「改善商品」を提供するのであれば、それはそれなりの需要が見込める訳で、最大公約数的な手法は一定の効果が見込めるでしょう。

しかし、小さな力しか持たない中小企業、さらにはその中でも最少とも言える零細、その中でも最も小さいのが一人で行っている商売、そして一人で始める起業です。力で言えば、まさに「最少、最弱」ということが、分かっていますか?ということです。

最も弱い力を、どうすれば損なわずに、少しでも強くすることができるか…。こそ、考えなければならない重要ポイントなのです。

そんなこと分かっている…と聞こえてきそうですが、だからこそあえて言っているのです。それは、「たった2つのことでも、足したり2でわったりすれば、やはりアウト」だからです。

たった2つ…。実際に多くの場面で遭遇することです。簡単な話、「安全を取りに行く」とき、まさに保険をかけるがごとく、2つに手を出したり、足して二で割ることを正当化しようとするからです。

「二足のわらじ」はもとより、「安全を考えて…」とか「この要素も加えておいて…」、「保険として…」といった思考で、よく言えば「賢い選択と打ち手」を行おうとするケースは枚挙にいとまがありません。

しかし、実際には「フルスイングするのが怖い」、もっと言えば「失敗するのが怖い」という、単にビビッているのを正当化しようとしているだけだったりします。

当たり前ですが、「一人でやっているのによろず屋的な、何の特徴もないものを、お客はわざわざ選ばない」という、実に冷徹な現実があります。もっと言えば、「何をやっているにしても、本気度を感じない、プロに見えない人に誰も頼まない」のです。

「よほど安いか、何か特別な事情」でもない限り、それを選択する理由がないからです。こんなことは、自分が消費者側になれば、一瞬で分かる話です。

だからこそ重要なことは、「思い切りバットを振っているか…」と常に自問自答すること。それでも甘いことが多い現実に対し、第三者の目を入れる、プロに見てもらう、数字で確認する…といったことが欠かせないのです。

理由は単純です。最も苦しい後悔とは、「やろうとしたことに手が出せなかったこと」や「中途半端に、なあなあで済ませてしまったこと」…だからです。

「〇〇していたら…」「〇〇をやっていれば…」に代表される「タラレバ」は、過去にさかのぼることが絶対にできないだけに、永遠に解消ができず悩み続けることになります。

唯一の解消方法は、「やる」だけです。どれだけ怖くても、どれだけ不安でも、自分が一生後悔を続けることと天秤にかけて考えるしかありません。

「一生後悔する」ということを本当に知っている人は、「打席に立ち、バットをフルスイング」します。カッキーン! と打てればもちろん最高。では、打てなかったら?

面白いものでフルスイングを本当にした人は、「残念な気持ちはあっても後悔はない」と語るもので、そして、何度も打席に立とうと努力します。ウジウジと怖いから打席に立たない人や、中途半端なスイングしかしない人とは、本当に大きな違いです。

どうせやるなら、思いっきり! 保険をかけるのはまだまだ人生の先! あなたは、自分の仕事の成功のために、思いっきり勝負に挑んでいっていますか? 後悔はない歩み方をしていますか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照