がんばれコンサルタント! 第382話:自分の人生を活かすために必要な「正しい判断」をするための方法

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

 

「ゴトウさん、コンサルタントになるのって、本当はある意味すごく簡単なことだったんですね…」── 五藤の書籍をお読みなられたのがきっかけで、昨年ご相談にお越しになられた方のお言葉です。

中堅企業の営業職や管理職を経て、徐々に経営指導をしてみたくなった…とのことで、ご自分のそれまでの知識や経験、ノウハウ…などを活かすべくコンサルタントをお考えに。

どうやってコンサルタントになるか…と色々思案する中、「コンサルタントになるなら経営が分かっていなければダメ」だと、と知人はじめ周囲の人に諭されたために、財務はじめ決算書や税務会計…など、様々な勉強をはじめたとのこと。

ところが、勉強すればするほど、「妙な感覚があった…」というのです。それは、ズバリ、「自分が消えていく…」というもの。学べば学ぶほど、知識を入れれば入れるほど、まるでロボットやプラスチックの人形になっていくかのような感覚があった…というのです。

この方は、この「違和感」に耐え切れず、「何かが間違っている」と、周囲の反対を文字通り払いのけ、自分らしさを活かせる方法を本気で探す中で、五藤の本と出合ったそうです。

難しい話をするまでもなく、「自分らしさ」や「自分ならでは」を活かすとなると、当然ながら、これまでに積み重ねてきた知識や経験、ノウハウ…といったものを最大限に活かすほうが得策にきまっています。そう、実に当たり前のことです。

ところが、「コンサルタントになるなら決算書」に代表される言葉は、その正反対であることが分かります。「あたなの知識とか経験なんて、どうでもいいから、決算書が分かるようになりなさい。話はそのあと…」というのがその理屈だからです。

冷静に考えてみれば、これは実におかしな、ある意味「笑えるような一般論」です。小学生相手に、「屁理屈はいいから、まずは勉強しなさい」と言っているようなものです。まあ子供相手に言っているなら、ある意味当然ですから、これはこれで正しいともいえます。

大事なことは、「誰を対象にしている話なのか」「基準値はどこにあるのか?」という見極めです。これなしに話を聞いたり、鵜呑みにすれば、まさに「おっちょこちょいだね~」の、笑える話になってしまいます。

しかし大人相手、しかも独立を考えるような立派な大人です。笑えないのは、「ウソと悪意と罪がそこにある」だけに、まんまと信じた人は、せっかく耕してきた自分独自の経験やノウハウ…の果樹園や豊かに実る畑を、ブルドーザーでつぶして更地にするようなものだからです。

しかも整地した後は、定期収入が見込める「月極駐車場が正しい」と言われるのですが、周囲を見渡せば、同じ何の変哲もない月極駐車場だらけ…という恐ろしい現実が待っていたりします。

当社が、長らく声を上げ続けているのは、まさにここです。素晴らしい才能、知識、ノウハウ…といったものが、まさに、ブルドーザーでひき潰されてしまうのは、あまりにももったいないことだからです。

冷静に一度考えてみてください。
「あなたの知識や経験は、決算書を学べば活かされますか?」
「わざわざ、他人と同じ土俵に立とうとすることが、得策とどうして言えますか?」

一般論はどうでもいいです。考えた上で行動しなければ、果樹園をブルドーザーでつぶすだけの話です。

個性や特徴、オリジナル、独自性…を本気で活かすとき、一般的な小さい成功とはケタ違いの成功のチャンスがあります。

相場があって、しかもますます同じ月極駐車場が増えて、熾烈な価格競争にさらされる中で、隣より10倍売り上げることは、まず不可能です。しかし、他にない果樹園であれば、その特徴を活かして何十倍も稼ぐことは、決して夢ではありません。

重要なことは、「これが必要、これが重要、これを覚えて…」といった類のものは、「一般的に正しいこと」であっても、「あなたにとって正しいことととは限らない」ということです。特に、本物やプロの世界においては、ますますあり得ません。学校教育ではありませんが、初級レベルのものだからです。

あなたが、初級レベルで満足し、しかも自分が積み重ねてきたモノをゴミ同然にできるなら、それもアリでしょう。実にもったいない話ですが…。

冒頭の方は、幸い「おかしい」と気づかれ、一般論を振り払ったことで、ご自分の「こうすれば売れる」という実に貴重なノウハウを活かしたコンサルタント商売を実らせることに成功しています。あわや、月極駐車場ごときになるところだったことを考えると、まさに危機一髪と言えるでしょう。

あなたは、「耳障りのいい、一般論」を信じていませんか?
 本当に、その道が、あなたの夢を叶える道ですか?

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照