がんばれコンサルタント! 第423話:成功しているコンサルタントと、そうでないコンサルタントの違い

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、コンサルタントとして凄く成功している人たちは、他の人たちとどこが違うんでしょうか?」── 先日、オンラインセミナー後に、当社にご相談にお越しになられた方からのご質問の言葉です。

端的に言えば、成功しているコンサルタントとそうでない人の違い…ということになるでしょうか…。もちろん、理由が一つということもないですし、単純に言えることでもありません。

しかし、理解しておくべき重要なことがあります。それは、コンサルタントと名乗っていても、その人が本当にコンサルタントとして活動しているかどうかは別問題ということです。要は、コンサルタントとして活動できていないのなら、当然、コンサルタントとしての成功や報酬は不可能ですよね? という話です。

何もややこしい話をするつもりはありません。他の似て非なる先生業の方と比較して、コンサルティング業というものは、非常に高い難易度と引き換えに、大きく報われる報酬があるという話です。

そう、実にシンプルなことを申し上げています。プロのアスリートが、その高い技能を活かして大きな報酬を得ているのと同じです。経営者がその手腕を活かして事業を伸ばせば、大きな報酬を得られるのも同じです。

問題は、技能的なことや手腕、能力や実力…といったものと、単なる肩書きを一緒くたに考えている人が想像以上に多いということです。

これもまた、「そんなことくらい分かっている!」と声を荒げたりする人がいるのですが、果たしてそうでしょうか? そもそも、「見よう見まねでやっていれば、そのうち出来るようになる」というのもほとんど同じレベルの考えだからです。

理由は実に単純です。「見えないものは、見真似しようがない」からです。自分は見えているつもりになっていても、実はまったく違うモノを見ていたり、見えていると錯覚していることが大半だからです。

プロのアスリートの真似をしようと思っても、プライベートの練習や実戦の最中の現場を、本当に見たことがある人は滅多にいないものです。

見たつもりになっているのは試合中の観客から見えている部分だったり、公開される練習風景だったりします。もっと重要な部分はプロ同士になって初めて触れることができますが、プロ同士でもお互いのプライベートの練習は、認め合うレベルにならない限り、そうやすやすとは見せてくれないものです。

会社の場合でも、出資者一人で資本金1円でつくれる時代です。会社を登記すれば、まさに「誰でも社長になれる」のです。

しかし、プロとして事業を伸ばせる…つまり「経営ができる」かどうかは、まさに見よう見真似しようにも、よほど親しい仲でもない限り、そうやすやすと手の内を見せてくれる経営者などいません。所詮は表面的な部分しか見えていないのです。

見えていると思っているのは、ウェブサイトやチラシ、宣伝広告、商品やサービス、会社の建物や社員の応対…といったものでしょうか。これらはすべて、お客様向けに用意されている表面的なものばかり…ということに気づいているでしょうか?これで分かると言ってしまう人は、どういう人か…ということです。

自分が表面的に見ている部分だけで、それで「プロとしてやっていける」としたら、テレビを見ているだけで誰でもプロになれますし、ビジネス系番組をみているだけで、誰でも立派な経営者になれる…という話です。

こんなことは、中学生でも分かる話でしょう。プロとして本当に活躍したいのなら、表からは見ることができない部分の確立こそ重要なのです。そのためには、プロとしての考え方、ノウハウ、戦い方、戦略…といったものに触れることが、何よりも重要であり、実際に近道となります。

コンサルティングについてもまったく同じです。コンサルタントになるのは、まさに「私はコンサルタントです」と言った瞬間から、誰でもなれます。何の制約も一切ありません。まったく自由です。資格もお金すら不要です。

しかし、その人が「コンサルティングを本当に出来る人」かどうか…は、まったく別の話です。肩書きはそうでも、テレビで目にする人の大半は、実際はビジネスタレント業や講演業の人だったりしますし、そもそもコンサルティングと思っていたものは、大半は研修やセミナーだったりします。

本物を見ることさえ困難で、しかも判別も難しく、しかも表面的なものばかりを見て…の状態です。難易度が高い理由がお分かりいただけるでしょか。そう、だからプロとして大いに活躍する確率が非常に悪くなっているのです。

逆に言えば、プロとして活躍するためには、それに必要なことを学び、研鑽し、積み上げ、自分を高める環境に身を置くことで、圧倒的に有利になり、確率は飛躍的に高まるということです。

どこの世界にも、その道のプロ養成の場所やプロ同士が集まる場所があるのは、極めて理に適っていることです。

当社は、コンサルタントのための専門機関です。中でも、自分が積み上げてきたことを活かして「コンサルタントとして活躍する」ことを考える人たちを中心に、専門的に指導しています。

見えないモノを見えるように、表からでは分からないことを会得して、プロ同士が研鑽し合える場所として…。

あなたの活躍を応援します。
あなたは、どんなプロを目指していますか?


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照