がんばれコンサルタント! 第436話:成功していくコンサルタントと、そうでないコンサルタントのただ一つの違い

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、お陰様でようやく東京でクライアント先が3件になりました。自分が予定していたよりかなり遅れていますが…」── 数年前から当社にときどきお越しになられている方のお言葉です。

中京圏でコンサルタント商売を始められるその最初のころに、当社にお越しになられたのですが、「東京に…」の言葉を胸に、がんばってこられた方です。

いつかはコンサルタント、いつかは全国区、いつかはメジャーに、いつかは…という人は多いけれど、実際にそれを実現させていく人は少数派というのが現実でしょう。

理由は単純です。いわゆる、「極めて重要だけど緊急性が低い」という、ついつい後回しにしてしまう類のものを、やっぱり後回しにしてしまうからです。

感覚的に表現すれば、「ああ、分かっているよ。すごく重要。うん、分かっている。やるよ、やる。間違いなくやるよ。必ずやるから…」という感じです。

ご本人的にも分かっていて、すごく重要だと認識はしている。しかし、目の前のことが忙しくて、なかなか手がつかず、時間が取れずに後回しになっていっている…。

コンサルタント商売で言えば、本を出すことだったり、依存や下請けからの脱却だったり、コンサルティングの体系化だったり、アドバンス商売を考えたり、東京進出やセミナー開催だったり、新しい集客導線づくり…といったことです。

どれもこれも、超や極めてがつく重要事です。分かっていてもついつい後回しになって、2年、3年あっという間に経ってしまう。ただ、中々、手がつかない、時間がない、分かっているけど…となりがちなもの。

これから起業や商売を始める…という人も似ています。そのきっかけをつくることは、心理的ストレスも含めて、驚くほどハードルが高いことに違いありません。簡単だったら、世の中サラリーマンは激減し、起業家だらけのはずです。

難しいし怖い…。だからこそ、「いつかやりたい」と心に秘めながら、時間が過ぎていくもどかしさを感じている人が多かったりするのです。

ただし、この状態を放っておくと、やがて問題は深刻化します。自分が考える理想と現実とのギャップが年々増大していくからです。

予定が少し遅れている程度ならともかく、「状態が根本的に違っている」というのは、自分をどれだけなだめすかそうとしても、誤魔化しきれなくなってしまうからです。

なぜ誤魔化しきれなくなるのか…。ちょっと考えればすぐわかることです。忙しかったとは単なる言い訳ということは自分自身でも分かっている話で、額面通りに忙しかったと本心で言える人は、恐らく100人に一人もいないでしょう。それは自分自身に問うてみればすぐにわかる話です。

そう、「分かっていて放置してきた」、「見て見ぬふりをしてきた」、「やるやる言って口だけだった」…という現実は、言葉を見てもすぐに分かってしまうことです。

3年以内にやる…とか、5年以内にやる…、という言葉を言う人がたくさんいます。それって「いつかやる」という意味じゃありませんか?と言う話です。今年やる…でも結局一緒だったりします。

語弊を恐れずに申し上げれば、これは、要するに「やる」とは言っているけど、本当にやるところまでは思っていない…という、まさに口だけの状態の言葉ということです。

なぜなら、人は誰でも、やる、実行すると本当にそう思っていれば、単純に「予定を入れる」「申し込みをする」という実行のための行動をするからです。

何も難しい話でも何でもありません。誰かと食事をするなら、日程を決めたりお店を予約するでしょう。車を運転できるようになりたい…と思ったら、合宿免許に申し込むなど、免許を取るための行動をするハズですし、海外に行って…というなら、ホテルと航空券を予約するハズです。

何かを実現するために必要なことがあれば、そのための行動を取る以外に、絶対にその実現したい対象は、近寄ってくることはありません。あまりにも単純な話です。

物事を複雑化したがる人は、「それはお金と時間があるから」、「そう思ってもなかなかできないのが現実であって」、「分かっていてもできない人がいる」…などと言ってきたりします。

もちろん心情的には分かります。なかなか心苦しい現実があったりします。しかし、百万遍、そういうことを言ったところで、本当に行動したとおりにしかならない…というのも、これまた冷徹かつ色艶のある世の現実というものです。

だからこそ、真剣に考えて悩んで時間をしっかり使うのならともかく、ただ単に逡巡したり、口だけで誤魔化しの時間を浪費したりしていると、本当に人生の時間ごと無くなってしまう…ということが起きます。そう、気づいたらもう、やる気も元気も、残された時間もない…という。

重要なことは、コンサルティングにおいても、これはまさしく同じことが言えるということです。だからこそ、「実行」ということが前提の指導が本当にできるかどうか…。

あなたは、自分が考える実現したいものに対して、しっかり予約、行動、実行…をしていっていますか?


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照