がんばれコンサルタント! 第437話:コンサルタントとして知っておくべき、「需要を探せ」は本当に正しいのか?

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、これからコンサルタントをやろうと思っているんですが、私のような経歴でも大丈夫でしょうか?」── 先日、当社のオンラインセミナーにご参加された後に、ご相談にお越しになられた方のご質問の言葉です。

自分のこれまで積み重ねてきた知識や経験などを活かして、先生業をはじめようと思い立ち、参考になりそうな本を手当たり次第に読まれたそうで、その中で、「一番しっくりきた…」というのが、五藤の『あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法』だったとのこと。

大変ありがたいことです。ついでというと何ですが、どのあたりがしっくりきたか伺ってみますと、「自分のやってきたことを最大限活かして…というところと、営業に関してもしっかり自分で展開していく考え方が書かれていた」とのことで、「あ、なるほど…」と納得。

なぜ納得…かと言えば、当社にお越しになられる方々の、ある意味最大の特徴とも言えるのですが、「これを覚えれば上手くいく」とか「これに従えば仕事になる」…といったことが、基本的に嫌いというか合わない、という方が圧倒的大多数だからです。

もっと言えば、「自分がやってきたことを、何とか活かして起業したい」、「自分が積み重ねてきたことを最大限活かして報われる報酬を手にしたい」、「他人がどう言おうが関係ない、自分の人生を納得がいくように切り拓いていきたい」…といった想いが顕著な方こそが、数多く集ってきているということです。

そういう意味で、ご相談にお越しになられた方には主旨などをご説明し、これまでの経緯などを拝聴したのですが、まさに、充分なご経歴のある方ということもあり、しっかり背中を押させていただきました。

ちなみに、商売やビジネスと一口に言っても、当然ながら幅はとてつもなく広く、それこそピンからキリまであります。

そして、一口に先生業やコンサルタントと言っても、当然ながら幅はとてつもなく広く、やはりピンからキリまであります。当然ながら、自分の考えに合うものと、合わないものとがあります。

重要なことは、社会に出たばかりでまだ世の中のことが余り分かっていない若者ならいざ知らず、10年、20年と仕事をされてきて生き抜いてきた方であれば、自分の考えに合うか合わないか…くらいは、自然な心で判断すれば、すぐにわかるはず…ということです。

こういうと、世の中屁理屈を言う人がいます。「合っているか合っていないかより、正しいかどうかが重要でしょ! 」と。

ときどき、こういう人がいたりするから世の中、可笑しかったりするのですが、法律の話をしている訳ではあるまいし、自分が好きでやる商売やビジネスなのに、なぜ、正しいか正しくないかで判断しようとするのか、ということです。

さながら「一から百まで指図されないと動けない」とみずから言っているこの馬鹿さ加減に、まじめに気づいていないんですか? ということです。

言ってしまえば「このとおりやるのが正しいと言われればその通りやる」という考え方の人たちですが、この手の人たちの偉大なる共通点は「何をやるかについても、需要を調査してニーズを聞くことが正しい手法」と、頑なに信じていることだったりします。

ついつい口が悪くてまたお叱りを受けてしまいかねませんが、そもそも論として、誰かが言ったとおりの事を覚えて、そのとおりやりなさい…というのなら独立なんてせずに勤め人やサラリーマンでいいですし、その方が保障もついてきます。風邪ひいて休んでも有給ありますし。

そもそも、少なからずリスクを冒して自分の未来を拓こうと挑戦するのなら、自分の想いを尊重して、自分を信じてあげて、そして「自分の想いに共鳴する人」を創り出すことに励むほうが、何倍もやりがいがありますし、仕事をしていて楽しいし、しかも成功の確率も高くなります。重要なことはまさにココです。

なぜそんなことを断言できるのか…。実に単純です。皆で同じことをして、そして真似事をして言われたことをせっせとやるライバルだらけの価格競争の中で「独立もどきの仕事」をするのと、自分だけの商売をつくって真の独立した商売をしていくのとで、どちらがお客様からの熱烈な支持を受けられるか、どちらが「あなたにお願いしたい」と言われるか、どちらが「この商売を始めて本当に良かった」と納得できるか…という話です。

一つだけハッキリ言えることは、自分で需要を創り出したことがない人が、他人から「どうすれば需要をつくれるか?」と問われても、絶対に答えられない…ということです。

ああでもない、こうでもないと誤魔化し続けるしか方法はなくなります。やったことがないから指導などできないのです。そして、ビジネスを本気で成長させようとしている経営者は、みな需要を創り出している人だということは、決して忘れないことです。

これから人が減り続けますし、既存市場のパイは縮む一方です。新しい需要を創り出さない限り、ひたすら右肩下がりに窮するしかなくなってしまいます。それでいいのですか?ということです。

人は誰でも、知っていることにしか「これが欲しい」と言えないのです。あまりにも当然のことなのに、これだけを正しいとしていると、世の中に新しい商品やサービスなど生まれてこなくなります。そう、「安くして」にこたえたり、「少し小さくして」とか「違う色がほしい」にこたえるだけ。

縮小均衡、ライバルだらけの激戦、独自性はない…というのが、需要を探すことの本質です。

あなたの先生業が、独自のもので本当に報われれるものになるかどうか…は、まさにあなたの決断一つです。自分の人生を活かして独自のコンサルティングの需要をつくっていく。

10年、20年と仕事をされてきた方には、必ずと言っていいほど、独自の知識や経験、ノウハウ…などが宿っています。これは当社が300人以上と直接かかわってきたからこそ自信をもって言えることです。

身近な場所では当たり前に見えることでも、そのノウハウを体系化したものを必要とし、喜んでくれる会社があります。あなたが勇気をもって、そういう世界を拓いていこうとするかどうか…だけです。

挑戦する人を当社は、応援します。次はあなたが活躍する番です!


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照