がんばれコンサルタント! 第447話:コンサルタントが知っておくべき、「人生を大きく変えるきっかけ」の本質

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、ちょっとお伝えしておきたいことがありまして、事務所に伺っていいですか?」── 長年、仕事上で親しくお付き合いしている方から、年始早々のご連絡の言葉です。

前職時代からの長いお付き合いの方なので、かれこれ25年くらいになるでしょうか…。コンサルティングとは直接関係がないのですが、年に数度、業務上のことなどでやり取りが続いている、不思議なご縁の方の一人です。

気心も知れているので来社いただいてすぐ、ざっくばらんに楽しくお話を始めたのですが、しばらくして、「実は、家と仕事の両立が難しくてやめることも考えていまして…」と、意外な言葉が…。

というのも、職業柄、「仕事をやめるかも…」的な言葉に関しては、「コンサルタント起業」「会社をやめて独立」…といったことで、ある意味よく耳にしている言葉なのですが、この方の場合、昨年転職をされたばかりということもあって少々驚きを…。

長年お勤めされてきた会社を訳あって出られていたのですが、とても誠実で仕事ができることと、独立というよりはお勤めで…の思考が強いと思ったことから、能力を活かせそうな知人の会社の社長にご紹介し、転職に至ったという経緯があったからです。

このため最初、「あれ、やっぱり合わなかった?」と頭によぎったのですが、それを察してか、「あ、違うんですよ。職場ではとても良くしてもらっていますし、ゴトウさんにはお世話になったので、だから申し訳ないのでご挨拶しにきたんですが…」と。

伺えば、以前から聞いていた親御さんの容態が相当悪くなってきており、施設に入られているそうですが、そこからも「それほど長くはないかもしれない」と伝えられたというのです。

すごく悩む中でも、できれば最後は家でみてあげたい…という思いがある。しかし、仕事との両立は非常に難しそうなだけに、仕事をやめないと…という想いがでてきている…という話だったのです。

こういうことは、ビジネス的なこととは違い、心情的なことが大きく絡んでくるとともに、費用面でも大きく、そして労力も非常に大きく絡んでくるだけに、どうすればいいのか…は、実に悩ましいところです。

だからこそ、まずはお耳にいれておこう…と考えられたとのことで、本当に頭が下がる思いで一杯になったのですが、「何かできることはないかな…」と思っても、残念ながら、そう簡単に思いつくものでもありません。

そんなこんな…を悶々と考えているとき、ふと「実はですね、以前ゴトウさんからスマホを持ったほうがいい…と、もうだいぶ前のことですが、散々、言われていたときに、なぜ買わなかったのか後悔しているんですよ」…との言葉がポロリ。

なんでも、このコロナ禍の対策のために、施設に入られている親御さんとの面会は、ほぼ全面的にシャットアウトになったそうで、スマホやタブレットなどを通じてでないと顔をはおろか、会話すらできなくなってしまったとのこと。

問題は、ご自分がスマホを持つのがものすごく遅かったために、親御さんに教えることも当然?しなかったため、まったくスマホもタブレットも使えないらしいのです。 

「あのとき、もっと早く自分が買っていて、親にも教えてあげて使えるようになっていれば…」──

正直、10年以上前から、「買った方がいいですよ」「持ったほうがいいですよ」とは何度も言ってきましたし、自分の周りの人からはスマホの関係者? とまで言われたくらいに人に勧めまくってきた経緯があります。

だからこそ、なぜこの人に手にしてもらえるようにもう一歩、勧めることができなかったのか、「逆に申し訳ない…」という想いがでてくるとともに、ついつい余計な言葉が口から飛び出して反省することもしきり…。

しかし、少しでも元気を出してもらおうと「仕事を辞めるのはいつでもできるので、可能な限り両立できるところまでふんばって、まだまだいろいろなことができますから!」…と、励ましの言葉をかけるとともに、いろいろな家事を減らすIT活用や最新の家電活用方法などもお伝えして…。

そう、「後悔をしても、それそのものには何の価値もない」からです。誰も、わざわざ後悔するようなことはしたくはありませんし、後悔が好きと言う人も、まずいないでしょう。「嫌な感覚」だけだからです。

しかし、だからと言って萎縮したり、何もしなかったり、やめておく…といったことだけでは、基本的に負け戦というと語弊がありますが、マイナスの増長になります。嫌なことを避けようとしているだけだからです。

大事なことは、何かを得ようとすれば、当然「失敗とセット」だったりするという本質です。どこまでいっても、挑戦には少なからず後悔がつきまとうということです。

では、失敗するようなことを避ければ後悔しないのかと言えば、それこそ真逆で、「やりたいことをしなかったこと、挑戦しなかったこと、それこそが人生最大の後悔になる」ということが、死ぬ間際の悔やみの研究などでもわかってきています。挑戦しなかったことが、人生最大の苦しみになる…ということです。

こうしたことを真摯に受け止めるとき、我々が考えるべきことは、「後悔をきっかけに、未来に対してプラスに転じるためのことを必死に考え、探し、勇気をもって実際に行動に移す」ということを行えるかどうか…ということです。

小さい後悔から大きなプラスを生み出す。早いも遅いもない。いま何歳かも関係ない。大きな後悔ならむしろ、もっと大きなプラスを生み出すきっかけにする。遅ければ遅いほど、大いに急いでチャンスにする。もう…じゃなく、まだ…で、人生を変えていく。

実際、何の変哲もない、失敗もしていない…と言う人が、大きな成功を収めた…という話は聞いたことがありません。偉大な経営者、功を成し遂げた人たちは、大きな挫折や後悔、苦しみ…などをきっかけに、それをプラスに転じて大きな花を咲かせていることは、歴史が証明していることです。

何かをかえていくために、後悔をいましているはず。だからこそ、何もしないのではなく、何かをするための行動に変えていく。いまできる何かを…。両立させる何かを…。人生を変えていく何かを…。

多くのコンサルタント関係者、そして大切なKさんに、このコラムを捧げます。


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照