がんばれコンサルタント! 第472話:コンサルタントとして成功しやすい人の特徴

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、先週のコラムで起業ブームが起きている…と書かれていましたが、そもそも論かもしれませんが、コンサルタントとして成功しやすい人とかパターンってあるんですか?」── 数年前からお越しになられている、親しいコンサルタント仲間の方からのご質問の言葉です。

コンサルティングビジネスの成功のために不断の努力を続けている方で、今や軽く5千万円プレーヤーを越えていらっしゃる方なのですが、自己の客観視と、あくなき探求が特徴の方です。

当社ではこれまでに350人以上の方々と直接コンサルティングで関わってきました。大きく成功した人が大勢いますが、残念ながらそうでない人もいます。そうした違いは何からおきてくるのか…とういのは、やはり気になるところの一つに違いありません。

だからこそ、「成功しやすい人の特徴とは?」という短いフレーズの中には様々な想いが混在していると言えるでしょう。

コンサルタントとして成功していくためには、いくつかの重要な要素があります。培ってきた知識やノウハウ…といったことが欠かせないことは言うまでもないことでしょう。これがなければ、他の商売をすることはできるかもしれませんが、こと「コンサルタント商売」については、最も根幹となる部分だけに、ビジネスの源泉がないということになります。

よく、これを「資格があれば…」という考え方をする人がいますが、資格を取って士業するなど、その資格に基づいた決められた仕事をするのならともかく、自分がこれまでにやってきた経験などを活かして…という想いがあるとしたら、それは進むべき道が全然違いますよ、と言わざるをえません。

それはともかく、大前提の積み重ねた知識や経験がそれなりにあるとして、実はその「次のもの」が決定的に重要なことについては、あまり世の中的には言われていません。それはズバリ、「自分のやっていることを的確に伝える言葉」です。

誤解いただきたくないのですが、よく、「言葉巧みに」とか「煽(あお)る」、「効くフレーズ」「刺さるテクニック」…といったことを言う人がいますが、これらとはまったく違います。

当社でお伝えしていることは極めて地味です。お越しになられている方々に、何度も何度も、それこそ寝ても覚めても考えて…とお伝えしているほどですが、自分独自のビジネス展開をしていく上で、その独特の考え方や仕事内容、対象者、得意とすること、成果、メリットデメリット…といったことをどう正確に言葉にできるか…ということです。

なぜそれほど地味なことをしなければならないのかと言えば、「他に類するものがないだけに、その独自性が分かるように言葉して伝えない限り、お客様は理解してくれない」からです。

そして、他の方のフレーズや一般的な言葉を使ってその場をしのごうとしても、それは「他の方のマネ」になるだけでなく、結局自分の独自性や特徴を表現することには全然つながらない、という二重のミスを犯すことになります。これでは自分独自の報われるビジネスの展開など、永遠に実現できなくなってしまいます。

このとき、当社ではお越しになられる方々の、コンサルティングの体系化を通じて言葉にするお手伝いも行っていますが、とても重要なことがあります。

それは、言葉にするその手前の段階、「自分がこんなことをやっていて、なんというか、こんな感じの事を考えながら…」といった、さながら「空気を必死に伝える」ような部分です。ご本人からしか出せない、一言で言えば、「想い」の部分です。

まだ言葉になりきっていない…。だけど、なんというか…。。。。こう…。。。思わず身振り手振りまででてきて必死に伝えようとする感覚です。

御幣を恐れずに申し上げれば、言葉がまだ喋れない小さな子供が必死に何かを伝えようとしたり、外国で言葉が通じないけれどどうにかして伝えるために奮闘している…といった感じです。もどかしさの中で必死に伝えようとするエネルギー。言葉的には分からない。でも何かが伝わってくる…という、それがあるかどうか…。

この想いを手掛かりに、当社では体系化のクモの糸を手繰り寄せていきます。それが合っているかどうか…、もしまだ違っていたら、何度でも必死に手繰り寄せてくるのをお手伝いします。

自分が展開しようとしていること、商売として提供していることを、どう的確な言葉で示すことができるか…。もしここにズレがあると、本当の見込み客に声が届かず、本当に提供する素晴らしい価値も理解してもらえず、大変な労力をかける割には報われない報酬しか得られない…ということが起きてしまいます。あなたの価値が全然正確に伝わっていないからです。

商売で成功するには色々な要素があるとお伝えしましたが、結果的に「運」や「運に近いもの」が大きく左右してくることは、多くのビジネスで成功されている方々の言葉をみれば、論を待たないことはお分かりいただけるでしょう。

しかし、この「自分の提供することを正確に伝える」「自分の売り物をしっかりとつくり上げる」ということについては、運とは無関係に、本人の意思と努力でできることです。

自分が提供するモノの特徴や内容を、どれだけ正確に分かってもらえるように伝えられるか…。浮っついた言葉や流行り言葉を使ったところで、自分の商売を正確に伝えられないと、間違った受注でクレームが頻発するか、トラブル続きで一向に報われない…という結果がやってくるだけです。

あなたは、自分が提供する内容や、コンサルティングの特徴、魅力といったことを、しっかり言葉で表現できていますか? それらはコンサルティングの内容を体系化するで、はじめて実現できることです。

当社は、あなたの無形ノウハウ、コンサルティングを整えるお手伝いをします。あなたの商売繁盛とコンサルティングによるクライアント先の繁栄のために。


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照