がんばれコンサルタント! 第72話:コンサルティングに必要な思考回路

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第72話:コンサルティングに必要な思考回路

 072

 先日、ご相談にこられた方から、「新しいコンサルティング先は問題がたくさんあって、これを解消していくには同時に複数のことをしないといけないのですが、まだまだ増えそうで困っているんですよ…」と、少々ため息まじりのお声が…。

 お話を伺っていても、真面目な性格をされていることがよく伝わってきます。クライアント先で問題が見えてくるたびに新たな対処方法を思案している…という言葉に、現場での様子が目に浮かんでくるようでした。

 この種のご質問は、弊社で行っているグループコンサルティングや個別コンサルティングにおいても、たびたび戴きます。

 特に、コンサルティングを始めたての方の場合、問題が多岐にわたっていると、半ばパニック的になって、何をどうしていいのか訳が分からなくなってしまう…という話をよく聞きます。

 いわゆる「頭が真っ白になる」という状態で、これは自分の処理能力を超える問題が目の前に現れたとき、誰にでも起きる可能性がある症状と言えるでしょう。

 大事なことは、この「とても処理できそうにない問題」に直面したときに、どうするか…ということですが、次々と対処策、対処療法を行おうとすることは避けなければならない、ということです。なぜなら、対処療法に真の打ち手は決して無いからです。

 客数が減っているから…といって広告キャンペーンを実施し、在庫が増えているから…といって仕入れを極端に絞って処分したり、人件費があがっている…といってパートアルバイトを削減したり、また広告費が増えている…といって販促費を減らしたり…。

 さらに、スタッフ同士の意思疎通が悪いから…といって報・連・相の仕組み導入や、笑顔の練習…と、次々に対処策を打ち出しても、堂々巡りで経営は悪化の一途に。

 行っていること、すべて間違っているなどとは言いませんが、不摂生で風邪をひいている患者に、出てくる症状ごとに対処療法を行おうとする新米先生やヤブ医者と、基本的に同じということです。

 熱がでているからといって解熱剤を、下痢をしているからといって下痢止めを、頭が痛いからといって頭痛薬を、目がかすむからといって目薬を…処方しても、一時的な症状緩和は見込めても、本質的な改善や強化にはなっていないため、しばらくするとまた悪い症状が必ず出てきてしまいます。

 一方で、一流の人は決まって「問題をシンプルにとらえる」、「問題を単純化させる」という考え方をし、そのための打ち手を行います。諸問題は、根源の問題を正すことで治せることを知っているからです。

 経営における様々な問題も、一流コンサルタントの目から見れば、ほんの僅かな点を修正、強化、改善すればいいだけ…ということが大半です。

 彼らは自分の専門分野から、実にシンプル化して物事を見渡し、コンサルティングする能力を身につけています。体質改善すれば風邪もひきにくくなる…と、対処療法と本質的に健康になるアドバイスとを明確に分けて患者に処方していきます。

 大事なことは、問題解決の本質は、対処療法ではなく、もう一段上のところにあるということです。自分が行おうとしているコンサルティングは、一体、何のために行っているのか…。

 このことを理解していない限り、手段が目的化し、対処療法の打ち手になりかねないということを忘れてはならないのです。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照