がんばれコンサルタント! 第100話:大きく活躍する人に共通する目標とは

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 「大きく活躍された方って、どんな目標をもたれていましたか?」── 先日、ご相談にお越しになられた方からのご質問です。

 確かに、コンサルタントとして活躍された方々の夢とか目標ってどんなものなのかは、素朴に気になるところかもしれません。

 仕事柄、たくさんのコンサルタントの方々とお会いしていますし、前職では20年以上にわたり、第一線で活躍されている専門家の方々と接してきました。

 当然ながら、さまざまな方がいます。初めは鳴かず飛ばずで苦労を重ねていた方、パッと売れてそれで散ってしまった人、20年以上も強く長く人気を誇っていた方…、本当にさまざまです。

 こうした質問を予測して? 出会ったすべての方々に、今後の夢や目標をお聞きしていれば良かったかもしれませんが、表面的な答えを聞いても全然面白くもありませんし、本当の答えが返ってくるとも思えません。意外と簡単に聞ける質問ではないのです。

 ですから、親しく一杯…の席で何度も杯を重ねていく中で、少しずつお聞きするようにしてきましたが、活躍された方々に共通しているといつも思うのは、「まるで映像化されているかのように、目標がとても鮮明」…という点です。

 お話を伺っていても、来年はどこどこに行って新しい領域を開拓して、翌年はクライアントさんを連れて訪問する手法を始めて、5年後には…と、まるで事業計画を聞いているかのようなお話がでてきたりします。

 数字的なこともしっかりしていて、売上は○○円で、年間の訪問日数は…と、非常に明解。

 なるほど、そういえば「夢や目標はありありと具体的に…」といった話が巷でよく聞かれますので、そういう意味ではまさにそのとおり! といったところなのでしょう。

 ただし興味深いのは、何年もお付き合いしている方々の目標は、「自分のためから、他者を含めた目標へと変化していっている」という点です。

 誰でもそうですが、駆け出しの頃には「自分が食うのに必死」という状態…。当然ながら聞いて出てくる答えは売上目標や契約件数といった「数字的目標」が大半です。これはこれで極めて現実的な重要性があると言えるでしょう。

 しかし、いつまでたっても、「自分のためだけ」の目標しか出てこない方の場合、往々にして停滞または消え去っていっています。

 理由は単純です。単に個人商店を営むのなら自分だけの夢や目標で結構ですが、指導先、クライアントという他社の成長なくして自らの存在価値を発揮できないコンサルタントにとって、自分のことが最大の意識焦点であれば、大きな仕事など到底できないから…です。

 実際、目標や夢を具体的に聞いたり、書き出す方法をとると、非常に露骨にこのことが現れます。駆け出しの人であればあるほど、個人的な欲や願望、言ってしまえば物欲的なことや自分の功名心に関することが次々に出てきます。

 もちろん、偉大な経営者も最初は「お金が欲しかったから始めた…」といったエピソードには事欠きませんので、スタートの段階では全然問題ありません。むしろ、売上も上がっていないのに、高邁な哲学者気取りでキレイ事を言っている人こそ、日の目を見ることはありません。美しき幻想だけでやっていけるほど世の中甘くはないのです。

 重要なことは、自分のステージに応じて、目標も変化させていかなければならない…ということです。

 食べられるようになるまでは数字目標を掲げて全力で達成しなくてはなりませんし、自分がやる気をだすようなご褒美的な目標を掲げることは非常に重要です。しかし、ある程度食べられるようになってからも単に欲しい物のサイズが大きくなったり金額が上がっただけ…となると、先が危ぶまれる…という訳です。要するに、これらの人は、「自分が欲しいモノ、やりたいことだけを決めている」ということなのです。

 一方で、コンサルタント業とは、自分の仕事を通じて企業の成長を助け、それをもって社会に貢献している仕事だと正しく自覚している人は、己の成長に応じて、「自分のみならず、他者を含めた壮大な夢、目標」へと書き換えていきます。

 しかも、この壮大な夢に対しては、「絶対に達成できない目標」を掲げる人がいます。

 達成できる程度のものであれば、人生を賭しての仕事、コンサルティングなどできない…という、本当に強い想いが込められた目標です。

 「自分のコンサルティングを通じて、日本中を成長事業で埋め尽くす…」、現実的にはありえないことと言えますが、その究極の目標に向かって現実的な一歩一歩を考え、進んで行っているのです。

 彼らに共通することは、「自分がやるべきことを決めている」ということなのです。

 不思議なもので、鶏が先か卵が先かではないですが、「自分がやるべきことを決めると、本人も驚くような力が生み出され、より一層活躍が始まる」…ということが本当に多くあります。

 あなたは夢や目標は何ですか? 現在の目標に満足していますか?


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照