がんばれコンサルタント! 第56話:コンサルティング商売の立ち上げ注意点

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 9月(東京)、11月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第56話:コンサルティング商売の立ち上げ注意点

056

 仕事柄、ご相談やご質問はよくいただきますが、「特定の時期」に突入すると、普段は口数の少ない方でも、ご質問が急に多くなるタイミングがあります。

 何のタイミングかと言えば、それは、「実際に活動を開始」したときです。まあ、当然のように聞こえるかもしれませんが、これが意外と重要なことなのです。

 コンサルタントの職業の場合、何か原材料を買ってきてモノづくりをしたり、様々な機器を入れてお店を出したりといったことがないため、「コンサルタント商売を始めていく」といっても、他の商売に比べれば、ほとんど何もすることがないように見えがちです。

 実際、ウェブサイトに最低限の情報だけ載せてあって、名刺やチラシ、パンフレットなど、他にはほとんど何もしていなかった…という人も、結構多くいらっしゃいます。

 聞けば、「急いで作っても、誰かがスグに見てくれる訳でもないかと思いまして…」とか、「セミナーを開催するにしても、慌てなくていいかな…と思ったので…」といった答えが。

 確かに、一見ごもっともな返答なのですが、実際に営業活動が稼働しだすまでの道のりを考えれば、その変なマイペース的な余裕に対して、こちらがハラハラしてしまうほどです。

 新規設立のメーカーなら、商品を作って販売に至るまでには、会社を設立してから製造装置から原材料の仕入れ、モノ作りは当然として、販売ルートの開拓から販売促進など、やらなければならないことは、まさに山積み状態です。

 これらは飲食店でもサービス業でも基本的に同じです。実際の営業活動にこぎつけるまでには、実にたくさんの事柄をこなしていってはじめてスタートが切れるのです。

 問題は、コンサルティング商売の場合、ほとんどが眼に見えないものばかりのため、なかなかこの「やらなければいけない山積み」の事柄を、把握したり認知しづらいという点にあります。

 しかし、これらは一事が万事で、眼に見えないからと言ってずるずるとやっていると、同じくクライアントへの対応でもズルズルと遅れがちになります。仕事をマイペースでやる癖がついていってしまうからです。

 本を書くのも、ウェブサイトをしっかり出すのも、名刺を整えるのも、コンサルティングのパンフレットをつくるのも、セミナー開催するのも…、すべて営業活動であり、一連の流れで揃えていかなければ営業力が増すことはありません。

 コンサルティング先の指導においても、こうした一連の流れを整えていくことは極めて重要なことであり、眼に見えないものに対して手を打っていかなければコンサルタントの仕事は務まりません。ちんたらとマイペースで仕事をしていたら、業績などあげられないのです。

 一流の仕事には、必ず高い品質と厳しい期日がともないます。これを同時にクリアーして始めて、本物となれるのです。

 そういう意味では、一流の仕事にマイペースなどなく、顧客の期待を上回れるかのハイペース以外に、仕事のやり方はないと言えるのです。

 営業開始までの障壁が少ないコンサルタント商売だからこそ、品質と期日を設定して、実稼働にまで確実にこぎつける必要があるのです。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照