がんばれコンサルタント! 第88話:コンサルタントが持つべき視点

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第88話:コンサルタントが持つべき視点

20140225A

 

 「自前で行えば、コストも大きく下げられますよ…」── 先日、なぜ自前で行った方がいいのですか?という質問に対してのお答えです。

 企業が工場やお店などを自前で持つ、いわゆる内製化の考え方については、様々な意見や考え方がありますし、またその企業のおかれている状況によっても違うため、簡単に内製化が正しいとか間違っているとは言えない問題です。

 しかし、自分のコンサルティングを説明するのに際して、「コストが下がるから…」というのが一番大きい理由付けだとしたら、これは大きな問題を抱えていると言わざるをえません。

 理由は簡単です。本人が、「それ以外の視点に気づいていないから」または、「コストこそ最重要だと思っているから」です。

 巷には「在庫削減」、「経費カット」、「発注費削減」、「仕入れ交渉」…といった、コストを減らすための工夫や方策といった話であふれています。経営者や部長の口からも、「コスト削減で生き残りを…」といった言葉も聞かれるほどです。

 確かに、経営において、「コスト」とは、非常に大きなウエイトを占めていることは事実です。コストが下がれば競争力が増し、戦いを有利に進めることができるようになることは間違いのない事実です。

 しかし、勘違いしてはならないのは、決して最重要項目ではない、ということです。どれだけ安く仕入れても、どれだけ安くつくっても、もっと言えば、どれだけ安く販売しても、「要らないものには一円だって払ってくれない」というのが厳然たる事実だからです。

 これは自分が消費者側になってみればすぐに理解できることです。いかに特売で売っていても、欲しくもなんともないモノや、安いからといって粗悪品でも買うかどうか…ということです。

 マーケティングがどうのこうの…といった難しい話でもなんでもありません。自分が何を買っているか、何を買ったか…といった極めて現実的な部分に注目して、冷静になって考えれば誰でも分かること、という話です。

 怖いことに、コストに意識が張り付くようになると、モノの見方も当然、「削減思考」になっていきます。経営における明らかなムダを削るのならともかく、ギリギリの部分や社員さんのほんの一瞬のくつろぎの場所、お客さんが楽しんでくれていたイベント…といったものを「ムダだから」といって削るとどうなるか…。

 そしてある意味、さらに怖いのは、削減思考を無理に進めていると、その人の顔もどんどん無表情になり、よく分からない病気になってしまうことがあるということです。

 ちなみに、冒頭のお答えをされた方は、以前の勤め人時代に、コストカットの先鋒役をまかされ、様々な経費削減策を実施することで大きな利益を生み出し、経営陣から何度も表彰されたそうです。

 いつしかコストカットが当たり前で正当化されるようになり、気づけば内製化もコストを減らすため、人員削減もコストを減らすために…という、商売繁盛とは本来無関係の方策に走っていく中、突然脳梗塞で倒れてしまったというのです。幸い発見が極めて早かったために何も障害が残らなかったのは、本当に不幸中の幸いです。

 ご自分でも倒れる前から、「何かへんな気がする、体調もすぐれない…」と気づかれていたというのですが、ある意味、身体は正直なのです。

 これ以上続けていると危険ということで、コンサルタントになって起業ということで弊社にご相談にお越しなられた訳ですが、冒頭のお答えに、思わず「Iさん、それでは従来の削減思考ですね…(笑)」とツッコミを入れた次第です。思わず、「あっ!」と照れくさそうにされていましたが…。

 優れた企業は、自社が創りだす製品やサービスの価値を、最終消費者に確実に届けるために、様々な努力をします。すべての領域をコントロールすることができれば凄いことですが、限られた経営資源をより効率よく活用するためには、自社の魅力を最大限高める部分に注力せざるをえません。

 ご存知のとおり、世界最大のメーカー、アップル社は、製品のコンセプト、デザイン、設計、イメージ戦略…について、徹底的に内製化していますが、製造組み立ての部分は外注しています。しかし、自社製品のブランド価値、魅力を販売においても崩すことなく消費者に届けるために、自社製品の販売網、アップルストアを世界中に展開しています。

 日本のモノづくり、日本のサービス、日本の経営に必要なのはコスト削減ではなく、「魅力」なのです。それを手助けできるのが真のコンサルタントであり、コスト思考の恐怖を身をもって体験したIさん、ご活躍が本当に待たれているのです。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照