がんばれコンサルタント! 第92話:自分に、「美味しい仕事」を寄ってこさせる方法

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

第92話:自分に、「美味しい仕事」を寄ってこさせる方法

20140325AA

 

 「Tさんすごいんですよ、この前、有名なあの会社との契約が決まったんですよ!」── 先週、あるメンバーの方々と打ち合わせをしていたときの話です。

 Tさんは、弊社のコンサルティングを受けられた後、先日コンサルタント業を始められたばかりの方なのですが、持ち前のバイタリティーもあって、コンサルティング中に実際に受注をされた方。

 コンサルティング先はとても有名な会社だったのですが、その内容を聞いて同席中だったM氏は、「あ、それほど良い内容なら、Tさんのこと、知り合いの社長に伝えてみますよ」と、わずか3日後には、実際に紹介を決めてくれたのです。まさに受注が受注を呼ぶ好循環です。

 最初のコンサルティング先というのは、後から考えると、「どう考えても不思議…」ということが多く、メンバーの方々からも、「理屈では到底ありえないような出会いやご縁によって仕事をさせてもらった…」という話をよく耳にします。

 Tさんの場合、弊社でのコンサルティング中に初受注された訳ですから、飛び切り早い部類ですが、興味深いのは、受注までの時間の早い遅いはあっても、本物の仕事をしようとしている人には、本物の仕事が必ずやってきている…ということです。

 理由は単純です。「周りが放っておかないし、放っておけないから…」です。

 誰でもそうですが、例えば「すごく美味しい洒落たお店」を見つけたとき、「いや~、とってもおいしいお店をみつけたんだよ、こんど行かない?」などと友人や知人を誘うものです。それもちょっと自慢げに、しかも、「そのお店にふさわしい人を選んで」お店に連れていこうとするから不思議なものです。

 そして、連れていった人がお店を気に入ってくれたり、その後「よく利用していますよ」などと聞いたりすると、なんとも言えない嬉しさを感じるもの。いい物やいいお店、いい仕事…をする人がいたら、人に紹介したくなるのが人情だからです。

 いいモノを紹介して喜ばれた…というのは、ごく一部の天邪鬼を除けば、多くの人にとって嬉しいことに違いありません。なぜなら、この一連の流れはどんどんよくなる「善循環」だからです。

 ニワトリが先かタマゴが先か…ではありませんが、良いモノは良いモノを引き寄せてますます良くなって行きます。いい仕事をする人には、それにふさわしい骨のある仕事や美味しい仕事がどんどん寄ってきます。

 一流には一流の仕事が選りすぐられて集まってきます。単純な話、ものすごい腕を持った人間国宝のような方に、誰でもできるようなレベルの低い仕事頼むのは、むしろ失礼だし恐縮する…というのと同じです。その腕に見合う仕事を紹介して、関係者に喜ばれたときに役に立てたし「自分の面子も立つ」と思うからです。

 一方で、「骨のある仕事がしたい…」と口では言っていても、意識レベルが低く覚悟が決まっていない人は、ちょっと背伸びをしなければいけないような案件を目にすると、「それはとても…」と、尻込みしたり、いつまでもアルバイト的な仕事で自分をごまかしている人がいます。

 不思議なもので、こうした人には「お金が欲しい」オーラが出てきて、それに見合うように、「ウマそうな話」や、「妙な儲け話」が周囲をちらつき始めます。

 冷静に考えれば、「本業でたいした成果を出していない人に、本物の仕事の話が寄せられることなどありえない」ことなど、すぐに分かるはずですが、覚悟がなく、自分のするべき事に集中できていないがために、「ウマそうな話」についつい乗ってしまうのです。まさに負のスパイラルで、これが回り始めたら周囲からまともな人がどんどん消えていきますから本当に大変です。

 では、善循環を起こすための最初のキッカケは、どうすればいいのか…ということですが、これこそが「どう考えても不思議…」という最初の言葉が出てくる最大の理由です。究極的には、ご本人の「本物の仕事をするという覚悟」に対してもららされる、神様からのプレゼントとしか説明ができません。

 問題は、売っているものならお金で買えるのですが、なにせ「プレゼント」ですから、何時手にはいるかは全然わからない…という点です。もっと言ってしまえば、手に入る保障すらありません。しかし、これをたぐり寄せてくる方法がひとつあります。それが、「覚悟と努力」です。

 覚悟により最初のきっかけが「プレゼント」でもたらされる時、死に物狂いで相手の要求に優る結果を出すとき、「こんな凄い仕事をする人を誰かに紹介したい」と思われ、またそのことを聞いた人が他の「ふさわしい人や仕事」を紹介してくれ、善循環が回り始めます。

 大事なことは、まず「すごい仕事を紹介してもらうにあたいする本物の覚悟」が、できているかどうか…なのです。

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照