がんばれコンサルタント! 第96話:一流になっていく人と二流どまりの人の差

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー 7月(東京)、9月(東京)…受付中。絶賛80回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●最新刊のご案内

最新刊『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』『キラーコンテンツで稼ぐ法』(好評7刷)、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 第96話:一流になっていく人と二流どまりの人の差

20140422

 

 「一流になっていく人と二流どまりの人の差って、何かわかりやすいものありますか?」── 先般、都内のある居酒屋にて、最近活躍が目覚ましいあるメンバーの方からの質問です。

 多くのクライアントさんから熱望され、大いに活躍していくことが一流の証だとは思いつつも、そもそも論として、「一体何が違って活躍できる、できないの差になっているのか」…、さらには、「一時的には活躍しても、その後パッとせずに泣かず飛ばずになってしまう人がいるけれど、それはなぜか?」…といった内容です。

 当然ながら、知識やノウハウの領域、深さ、提供方法…といったことはもちろん、努力や具体的な成果、時には運も大いに影響してくることです。ひとくくりに簡単には言えないことかもしれません。

 しかし、難しい理由をベラベラ並べてみてもしょうがありませんので、「蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違いですよ」とお答えしました。

 仕事柄、これまでにたくさんのコンサルタント、専門家、講師、プロフェッショナル…の方々を見てきましたが、クライアントから評価が集まり、大活躍される方々には一言でいえば「華(はな)がある」という特徴があります。

 「華」というものを説明することは非常に難しいことですが、「本物の魅力」と言えば分りやすいでしょうか…。取り立てて特別な格好をしている訳でもないのに、何か人物として魅力がにじみ出ていて…という感じです。

 もちろん、凄さや怖さ、真面目さ…がでてくる人もいるでしょう。しかし、いずれにしろ共通していることは、「本物の匂い」が漂っており、それらが現われているということです。

 しかし一方で難しいのは、遠くに何かヒラヒラ飛んでいるのを見つけたとき、それが蝶なのか蛾なのかは素人目には見分けがつきにくい…という点です。

 近づいてみなければ、蝶なのか蛾なのか、意外とわからないもの。派手な身なりで、さも活躍しているように演出している人がいたとき、ちょっと見ただけでは、特に一般人であれば騙されてしまうことがある…ということです。

 ただ面白いもので、近づいてみると、二流には「胡散臭さ」が漂っています。これがどうにも臭いために、蝶の代わりに金やステータスといった欲に目がくらんだ蛾が集まってきます。

 では、根本的な違いとして、蝶と蛾は何が違うのか…。

 学術的にはいろいろと区別の方法があるそうですが、弊社が考える蝶と蛾の区別は極めてシンプルです。

 読んで字の如く、「蝶は、世のために羽ばたく虫。蛾は、我れのために羽ばたこうとする虫」です。

 己のために、私腹を肥すために、知名度やステータス、賞賛をあびたい…といった欲求のために…という、「我」が虫になっているのが「蛾」です。誘蛾灯よろしく、キラキラしたものやスポットライトが大好きという共通点があります。

 当然ながらクライアントのため、世のため人のため…というのは口先だけで、ほとんどの活動が我欲達成のための手段として行われているため、一流の顧客がつくこともなければ、永きに渡って仕事が依頼されることもありません。

 同じコンサルタントでも、数年経つと驚くほど大きな差がついていることがあります。

 一流と二流を分けるもの、それは本質的には技術でもなければテクニックでもありません。あなたが行おうとしているコンサルティングのその先に、何を見据えているかこそ重要事なのです!

 


●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●最新刊 大好評発売中!

『依頼が絶えないコンサルタントになるターゲティング出版戦略』

コンサルタントが、本を使って契約を増やし、年収3千万を超え、5千万、1億円プレーヤーとなって活躍するための「ターゲット出版戦略」法について、初めてその具体実務を公開した注目の書。詳細→ こちらを参照